フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    テレパシー現象とかいろいろ
    誕生日のコメントありがとうございます!もう感謝感激でございますよ!

    いやぁ、北関東は寒いです。凶悪です。で、いろいろ忙しくてですね、ゆっくりブログの更新ができません^^; ただ書きたいことは、貯まる一方です。

    まぁ、前から記事に書いている、”テレパシー”ですが、これって子供の頃に感じている人もいる、ごく当たり前の現象です。他人の感情を感じたり、当たり前に他人と心が繋がっている。会話が出来るんですね。で、他人というのは本当にありません。その感覚も掴めます。で、人のエゴから出る悪感情は、その本人のものではないんですね。だから、嫌なやつの嫌な行為は、十中八九、いやすべてがそいつのエゴの部分です。偽りの自分ね。これが、自己(ハイアーセルフ)から見たら、愚かな醜い行為に見えるわけです。そして、その愚かな行為に対しては何とも思わない。まあ、怒りますが、その怒りの対象は、その人、本人に対しては起こらない。罪を憎んで人を憎まずになる。だから許せる。これは誰でもそうなんです。ただ、エゴがしゃしゃり出てくると、その感情を打ち消してしまう。例えば、怒りに対しては怒りの応酬をする。すると、悪感情がたまってしまう。運命も悪くなるんですよ?怖いでしょ?

    それから、私のチャネリングの接続先、ハイアーセルフだと思っていたものは、すべて自分自身でした。決して、スサノオノミコトじゃありません^^; ただ、「個人我を捨てなさい!」などと言われた為に、神様かしら?と勘違いしましたwww これは、自分が言っています。また、以前の記事に「自分を縛り付けてくるような、普段の在り方と違うような自分がハイアーセルフだ」と書きました。大嫌いな甘いものが実は好物だったとか、本当はくそまじめとかwww 有り得ませんでしたよwww やはり、DMCのリアル根岸のような性格が、本当の私です。まあ、普段と変わりません。酒もタバコも夜遊びも大好きで、金と豪華な生活とおしゃれが大好きで・・・みたいな?

    これは、騙されてました。自分自身に。例えば、低級霊に憑かれたとか、オカルトやスピリチュアルでは、表現するかもしれませんが、自分の自作自演です。

    で、本当にチャネリングで得た正しい情報に関しては、あまりにも叡智があり、閃きに満ちているため、”神様のようなもの”と思っていたんですね。普段の意識の奥にある「本音」の部分です。そして、普段の”自分の性格”にそのハイアーセルフの部分は出ています。

    で、急速にパラダイムシフトが起こってきています。今までは(今でも)エゴに飲まれてしまうことが多い。なんで、こんなに亀の足のように、遅いのか(感情の開放ワークがね)と思うんですけどね。でもね、「気づきの感覚」を保つとエゴに汚染されていた意識が目覚めるんです。私の場合は少しずつなんだけどねwww これが取れてくるたびに、世界の見え方が変わってくるよ。

    思考が現実を創ること。LIFE IS CREATIONですね。

    ・・・そうそう、他人の心と通じているとですね、おもしろいことがたくさんありますよ。多いのが、相手がしゃべる前に、言いたいことがわかるとか。あと、何かしたいなあ、と思うと、誰かがやってくれたりとかね。それから!びっくりしたのが、カラオケで、知らない曲が歌えるの!メロディがわかる&英語やフランス語、フィリピン語の曲が歌えるの!不思議でしょ?
    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 閑話休題 | コメント:50 | トラックバック:2 | top↑
    宇都宮より愛を込めて
    ブログの更新&コメント返しが遅れていて、申し訳ありません。とりあえず、元気ですw

    えっと、もう少しして落ち着いたら、このブログを再開します。それまではちょっとお休みします。
    また、相談のコメントは必ずお返事をしますので、お待ちくださいね。

    このブログはフォーカシングを用いて、神経症や心の安定を図るメソッドを思いつくまま記事にしてきました。が、いわゆる”守護霊やハイアーセルフ”などの存在を感じ取れるようになったため、スピリチュアルな内容の記事もありますね。が!そういう内容を記事にしてきましたが、今の時点では「これは説明不足だ。」とか「認識違いだった」という内容が多々あります^^; まあ、ぶっちゃけていうと、分離感の元になる「自他の区別をつける対象化」をすることで、心の世界が狭くなるんですね。たとえば「神」という対象をつくる、自分、他人という対象をつくる、人間や動物という概念をつくってきました、が、これらをすべてぶっ壊すんです。

    まあ、守護霊とかハイアーセルフという自分を救う神様はいない、ということです。全ては「自己責任」
    ハイアーセルフの”意識”というのが自分の本質で、分離していないということです。

    最近、自我概念を手放すことで人が如何に幸せになれるか、ということを実感しています。エネルギーの停滞や自我の概念を観察することで、どんどん、エゴが消滅してきて、最近大きなパラダイムシフト、ワンネスを感じられるようになりました。生命はすべて繋がっていて、存在自体の輝ける個性が「l個人我」として在る。元はひとつの大きな生命です。そして、当ブログでもよく取り上げている「引き寄せの法則」は人、そして環境の因果が織り成して創り出されていきます。

    このあたりも記事にしたいと思います。

    それでは、これから宇都宮駅東のカラオケボックスにいってきますwww


    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 閑話休題 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
    攻撃的なインナーチャイルド
    観念の手放し方です。これは昨年、エネルギーの停滞が体中に出てきたときのこと。このブログの過去の記事で、邪気が出てきて、そいつが喋ると書いてしまいました m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーッハハハヒャヒャヒャヒャ まあ当時(このブログを始めた初期の頃)は、なんだか分からなかったんですよ^^; ただ体が冷えて、体中があり得ない位凝ってしまい、風邪のような症状が続いたんですね。”邪気”が喋るのは、マインドトークの延長、つまりは自分自身の傷ついた当時の感情のまま、自分を攻撃しているだけなんです。で、自分自身の声というのは、”ハイアーセルフ”のメッセージで知っていたんですが、自分の意識とは思えずに、何か悪霊のようなものという印象がありました。

    この、一応インナーチャイルドのようなもの、としておきますが、心が傷ついたまま(ストレスを抱えたまま)、その当時で時間が止まっている。よく感情の開放で、退行催眠状態になるのは、この停滞した感情の部分にアクセスするからです。で、眠っているのと同じです。エネルギーが停止しているので、理性がほぼありません。所謂、邪気が多いと「頭が廻らなくなる」のはこのせいです。せっかくの”脳力”を使わないので、無意識にアクセスできずに、運命も廻らなくなるんですね。怖いですよ。なので「気づかせること」で目を覚まさせると「アレ?」と我に返ります。

    で、筋肉痛から癌、アレルギーなど、すべての体の不調はエネルギーの停滞です。今日、おもしろいひらめきがありました。なんで、風邪をひくか分かりますか?冬とか寒い時期が特に風邪の季節ですよね。これは寒くて体が縮こまるから、言い換えると”緊張状態”になるから。で、なぜ緊張するかというと、恐怖を感じるから。不快=恐怖と思っていいです。だから風邪はウィルスというのは二次的な要因ではないんじゃないかな、と思います。風邪って症状を抑えることはできるけど、治療する特効薬は未だにないんですよね。

    で、生物は己の生命を守るために、恐怖を感じます。それを必要以上に感じ続けると、神経、すなわち神の道が詰まるんです。自律神経失調症という診断をもらうでしょ。これはエネルギーを受け取れない、ということ。

    それで、この困った邪気(トラウマを持った子供の当時の意識)を消滅させるにはどうすればいいか。昨年、ハイアーセルフの意識と繋がったときに聞いたら「もう、いらない。」と言うだけでOKと。半信半疑で、うるさいマインドトーク(このブログの過去の記事に、反抗的なフェルトセンスとも表現しています)に対して声をかけたら、「ハッ!」と気づいて、「ごめんなさい」と言って消えたんです。これは、自身も攻撃するけれど、”固定観念”でもって自分を守っているんです。要は防衛機制。で、その観念に対して「もう、必要がない」と表明するんです。すると気づくわけです。

    もうひとつの方法は「怖がらせる」こと。この傷ついた子供の意識は、自身(ハイアーセルフである本質)をバカにして攻撃しているのですが、逆に構われたいんです。

    この意識が上っているときは、必ずネガティブな気分になるので、意識から降りてもらうです。で、こちらは「お前らより、人生経験を積んでいる大人だぞ」と悟らせる。そのために怖がらせるんです。これは、ある方のブログに方法が書いてあったんですが、すごい効果があってびっくりしました。

    私がとった方法は、イメージで、この傷ついた過去の子供の意識を呼び出すんです。でね、銃を突きつけて、「まず脅す、その後で、○す」(;・∀・) ほかにもオプションがあり、目の前で殺人をして、「次はおまえの番だ」とかいったり。戦場のイメージをして、その中におっぽり投げたりw

    これね、今日はTさんの傷ついたインナーチャイルドまで侵入しているので、彼の意識と共同で、私が彼のIC(インナーチャイルド)、彼が私のICを、いろんな残虐なイメージで脅していたんです(;・∀・) 黒魔術の儀式のいけにえになってもらったりして、虐めていました^^ で、彼は何をやったのか知りませんが、軍隊の中に放り込んで、なんかしていたみたいです。

    そしたら、泣き出すんです。まあ私の表情が泣き顔になってしまうんですがwww これは彼の攻撃的なICが泣いているんです。で、しばらく時間が経って、彼の顔を思い浮かべたら、私の意識の一部が怖がるんですよ(;゚Д゚) どうも、脅しが効いたみたいです。体のコリがサーって退いていきました。

    まあ、これは、イメージが得意な方は、この憎たらしい存在に対して怒りをぶつける意味で、虐めてみてください^^; フォーカシングなどの感情の開放をされたかたは、フェルトセンスに暴言を吐かれた方もいると思います。私なんかは「線路に飛び降りて自殺すれば?」とか憎たらしいことを言われました。この存在自体が、エゴの存在です。で、これがいるばかりに、体が病気になったり不幸になったりします。それは、本心とアクセスできないために不自然な選択をしてしまうからです。一応、インナーチャイルドと書いていますが、よく使われるソレとは区別してくださいね。こいつらには、厳しい態度で臨んでください。どこまでも相容れない存在です。私は「攻撃的なフェルトセンス」と呼んでいますが。こちらのほうが「大人であること。力が上回っていること」を悟らせてください。

    イメージを浮かべることで、間単に出てきます。というのは、イメージと言うのは自身の心に忠実だからです。私は過去の記事で「邪気の塊を切り刻むイメージ」をしたら、それが消えていったと書きましたが、攻撃的なICを虐めるのも同じ行為です。

    で、イメージが不得意な方は、マインドトークを、後頭部の辺りに意識を置いて観察してみてください。下らないことを言っているの見つけたら、叱りつけてみてください。もしくは「もういらない」と言う。これだけで簡単にいなくなります。

    でも、まあ、数が多いんですw なので、感情の開放や、何よりも大切なのが、「安心を体に覚えさせること」。これで消えていきます。彼らの存在が緊張をさせ、その緊張が神経=神の道を閉ざすんです。緊張から自律神経失調症などになりますよね。緊張状態が続くということは不自然な状態であることなんです。そこから自我が出来る。自我(分離感)は不自然なんです。そして、卑怯な「罪悪感」という感情に苛まれます。自身を責める行為は、生命を冒涜する行為です。

    愛という状態の反対が、恐怖です。この攻撃的なICは恐怖に侵されて、気が狂っています。それを目覚めさせることで、、文字通り「目覚めた人」=「悟り」になります。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:11 | トラックバック:1 | top↑
    エゴの存在と本質
    ここ最近、心境の変化が著しいです。最後までひつこくこびりついていた、エゴの概念がほぼ消失してきました。そして、その代わりに「自己一致」して、本当の自由を感じて、今ここを感じることが自然になってきました。

    さて、このブログでは、感情の開放(神経症の治療)とその過程でおきた不思議現象を書いてきましたが、特にこの”不思議現象”に関する部分は今思えば間違いが多いんですね(;´Д`) そのひとつが、以前の記事に書いた”くそまじめな私の本質”です。特に過去世で修道女で、魂の名前やら、「お母様と呼びなさい」やら、私に従うように、といろいろ”命令”してきました。この記事をUPした後に、「それは良くない存在と交信しているのでは?」というコメントをいくつか頂きました。

    で、私はこのブログの内容ではありますが、割とスピリチュアルアレルギーではあります。なので、悪しき闇の存在がチャネリング相手で、自分を翻弄しているという考えは「自身のエゴ」が原因である、とお返事しています。今も私はそのように考えていて、「外部の抗えない何かが自身の運命を弄ぶ」という考えは間違いだと思っています。

    上記の、「クソまじめなハイアーセルフ」の正体が、観念を手放すにつれて(というかここ2~3日)、顕になってきました。いわゆるエゴの雛形というか、子供の自己という感じです。これでは訳がわからないと思うので、順を追って書いていきますね。

    まず、昨年の7月にいきなり「守護霊となのる存在」と「上の私となのる存在」が話しかけてきました。で、特に「上の私」が話しかけてくると、目がカッと見開くんです。で、いろいろと感情の開放を手伝ってくれていた。

    不思議だったのは、感情を開放すると、「ありがとう」という声が聞こえたり、インナーチャイルドと思われる存在が「ヤッタ!ヤッタ!」といいながら出てきたりしました。なんというか「えっ?これは何?」みたいな現象で、ただの心理ワークなのに、やたらと不思議現象が起きるんですよ(;・∀・)

    この妙な現象は、「エゴの雛形」がやっていたんです。ただ、”ハイアーセルフ”の部分が感情の開放を手伝っていたのは本当です。普段の”私”と繋がっていないので、別物に感じてしまうんですが。。。たとえば、体が勝手に、ユル体操のような動きをしはじめてから、体のコリが全身に出てきました。これは凝り固まった体をほぐしていたんですね。あとは、自分の信条のような言葉が降りてきました。あるがままに生きる、人の役にたつ、楽しむ、子ども心などなど。

    ついでに以前の記事に邪気について書きましたが、あれは全て、その当時に抑圧した感情が原因で出来た「自身を攻撃するインナーチャイルド」です。まあ、マインドトークをしているのは、こいつらなんです。正体は傷ついた、性質の悪い餓鬼です。文字通りの「餓鬼」であり、エゴの概念を形成しているので、貪欲に「求め」ます。

    で、このエゴの雛形は、この餓鬼が出来る発端になった、原初のエゴのようです。つまりはかなり我が薄い、その分”抑圧した感情である”とは見分けづらい。

    印象としては、わがままな赤ん坊です。この子が、必死に幸せになりたくて、感情の開放をしていた。それもね、「ハイアーセルフ」と名乗って。まあ、エゴの存在(インナーチャイルド)のいたずら的な行為であり、感情の開放には役立ちはしませんでした。

    具体的にどんなことを、やらかしていたかというと、自分が上の存在と見せかけて、命令口調で感情の開放のやり方を指図してくるわけです。それを無視すると拗ねる。

    まあ、こんなものに騙されていたわけです。おかしいと気づいたのは、やはり態度が相手に「求める」態度ばかりだからです。こちらの感情を無視して、自分の気持ちを押し付けてくる。赤ちゃんです。

    先日のツインソウル現象でのぼせ上がっていたのも、この”性格”であり、今回のTさんの件にしても、「彼のいうことは何でも聞いて」と言ってきたので、「ああ、こいつはおかしい」と気づいたわけで(;・∀・)

    実は、感情の開放を始めてから、かなりの”ステータス異常”の状態であります。これは、肉体の方にも、過去の抑圧した感情が「体の凝り」として、出てきているし、感情の流れも不自然な状態が続いていました。

    これは感情の開放は地獄を見ると表現してきましたが、昨年のちょうど今頃がその地獄のピークであり、感情を抑圧しておいたほうが良かったと思うほど。。。 感情がカオス状態で、正常な精神機能が損なわれていました。感情障害のような症状です。また激しいマインドトークで、正気を失いそうなほど苦しみました。

    それが徐々に沈静化してきていて、ようやく大きく沈静化したのが今年の4月。それでもひつこく残るエゴの感情と、体の有り得ないほど酷いコリと戦いつつ、それでも確実に良くなっている感をもち現在に至る感じです。

    そして、このブログに最近よく登場する「ハイアーセルフ」という単語。この「エゴの雛形の存在」が名乗っていたソレではなく、4月以降に特に頻繁になった”閃き”をする”私”がようやく顕在化してきました。これがハイアーセルフだと私は思います。これは普段の性格にも出ている”良心”です。そして、それに”意識の焦点”があうと、自己一致感と地に足がついた感覚がします。

    で、何度も書いていますが「守護霊的な何か」ではなく、あくまで自分自身です。エゴに埋もれて「意識の焦点」が合っていなかった。どんな性格の私が出てきたかというと、本当の意味で自分本位、自分をとても大切にする私です。決して自分を蔑ろにすることなく受容できる態度。自己受容が出来ると、他者受容も出来るんです。そうすると生き易くなる。

    そして、これの神がかりな部分!これは、4月以降に起きている、すごい閃き、気づきが出来るのが、この”私”なんですね。これを”エゴの私”から見たら、神がかりに見える。ただ、”ハイアーセルフ”である私に焦点が合えば、泉を汲むように閃き、また、意図したことが現実になることの確信が当たり前にできる。源に繋がっていることが実感できます。まだこの、自己の部分とエゴの私の間を行ったり来たりしている状態ですが、ここの部分に触れることが、所謂「悟り」であると確信しています。

    また、エンパスの能力。これもおもしろいことに、意識の奥底(体感すると、胸の真ん中と後頭部)から、たくさんの人がいる気配、それもとても楽しそうな気配を感じるんです。そして、何かを喋っている。この声を、はっきり聞くことは出来なくて、”思考”と”感情”として、流れ込んでくるんですが、これが所謂「チャネリング」なんだと思います。で、私がはっきり声が聞こえないのと同じく、大多数の皆さんも意識の表にあげることは、難しいんだと思います。ただ表層意識が寝静まっている時(寝起きなど)はアクセスしやすいと思います。つまりは誰にもある力です。

    まあ、このようにまだ目まぐるしく変化している最中ではありますが、皆さんの参考になるように経過をつづって行きたいと思っています。
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
    全ての意識と繋がるという感覚
    今年の4月から、いわゆるチャネリング能力が開花して、5月から他人の意識と繋がっていることがわかってきました。これは誰かを思い浮かべると、その人の声が聞けるという感じ。最初は友達や有名人の簡単な二言三言がわかりました。それが、だんだんと強くなってきて、今はリアルで会話しているような感覚。で、会話をした人とは「リアルで会話したような感覚」が残ります。いわば知り合いになった感じ。

    でね、やはり疑うエゴがあるわけです。これも最後の感情の開放なんでしょうね。エゴ=エネルギーの停滞部分が体のコリとして出てきました。今全身がありえないくらいガチガチに凝っています。そのコリを揉んだりして解消すると、心の強張りも取れるんですよ。感情、観念が開放されて、本質の自己(いわゆるハイアーセルフ)が出てくるんです。

    本当に最近のリアルさはすごいです。今は心の世界で一番結びつきの強いTさんとのやり取りが多いんですが。彼の思考が流れ込んでくる。つまりは彼になりきってしまう。映画の「マルコヴィッチの穴」のジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ氏になった感じですよw たとえば彼がよく知っている土地に行くと、「よく知っている感じ」がしたり、読めない地名を読めたりするんです。また最近は「白痴」という単語を使ったら坂口安吾が思い浮かんだんですね。彼が氏の小説を読むのは知っていたんですが、私はこの話を知りません。また赤いロボットをみたら「ザク」という単語が浮かんで。でね、ガンダム知らなかったんですよ。彼のブログにザクのプラモデルが載っていましたw

    この感覚は背後(主に後頭部あたり、後は胸の中心)から感じます。後頭部を押さえていたら、もうTさんそのもののエネルギーを感じて驚いたことがあります。それから、彼の停滞したエネルギーの部分、いわばトラウマまで分かるんです。これね心の中が透け透けということです(;´∀`)

    ただ、まあ自分の感情、思考が他人のそれと区別がつかないということが前回の件でわかったので、この声よりも直感を信じようとしています。でもステータス異常であることは確かで、ハイアーセルフの意識とエゴにまみれた意識が分裂している状態です。二人の私がいる。なので非常に奥にあるソースの感覚が掴みづらい時が多々あります。でも、いったんそこに触れると大きな安心感、愛情の感覚、そして、見せられている未来に対する絶対的な確信があります。もう直感レベルではなく「こうこう、こうなりますよ」みたいなはっきりした”声”と”映像”です。

    で、その後ろの意思、ソースに繋がると、行動に無駄がなくなります。「な~んだ、こうすればいいんじゃん」みたいな。エゴ(エネルギーの停滞)がなくなると、脳の力が最大限に使えるんだと思います。

    この背後で感じるエネルギーが本当の自分(ハイアーセルフ)なんですね。守護霊的な何かではなく、本当に自分です。ただ性格はだいぶ違い、おそろしく楽観的で強気でしたw そして自分がよい方向に行くように最大限に取り計らっている。これは、分裂したもうひとつの意識で見た場合、「守護霊的な何か」と思えるんだと感じます。この取り計らいとは、私の場合は感情の開放を手伝ってくれたり、このブログの記事を書くときに、「気づき」として自分の知らないことまで教えてくれました。そして、今は、Tさんとの縁(今度は本心から好きなようです)と、今後の運命についてもわかりました。まあ、この運命というのも、この「ハイアーセルフ」の意図した方向に進んでいます。

    因果について、最近ちょっとおもしろいものを見ました。博多のスタバでボーっとしていたんです。正面に女の子が座っていて、三人がけくらいのソファに荷物を置いて独占していたんです。で、「あー、迷惑な子だなあ」と思って見ていました。しばらくすると、その子が立ち上がり、そのタイミングに子連れの外国人が来たんです。彼女は「どうぞ」と愛想良く彼らに席を譲りました。これね、ハイアーセルフがいうには、この外国人の家族がいわばスタバの席を”予約”していたということらしいです。なのでこの女の子がとられない様に独占していた。彼らが到着したと同時に彼女が帰る。偶然に見える事象も裏ではこういう仕組みになっている。

    これね、「迷惑な子だな」と思ってハイアーセルフに聞いたら「いい子だから。あれ理由があるから」といっていたんですよ(;・∀・) これが「因果」です。”現実”から見たら、偶然を装って、或いは、有り得ない方向から思わぬ恩恵がある「引き寄せの法則」もこういうカラクリがあるんです。

    運をよくするには、感謝や相手の幸せを祈ること、とよく言われますが、これも事実です。それは、私のエンパス能力でわかったのですが、相手を悪く思うとそのまま相手に伝わります(;・∀・) そしてね、それは「攻撃」のような形になります。まあ、リアルで罵倒するのと一緒です。

    これは呪いの話をするとわかりやすい。たとえばAさんがBさんに対して「車に轢かれてしまえ」と呪ったとします。これね、Bさんの無意識(ハイアーセルフ)が受け取ります。それはある種「自分の願望」になり、「実現の種」が撒かれてしまいます。そして「魔が差した時」、いわば心が空白のときにこれが実現してしまう可能性をはらんでいます。自身が不幸だと感じた事象に関しては、人(生命)の思惑が絡んでいることがあります。人を呪わば穴二つなのは、自分と他人の穴を掘ること。もちろん、この「呪い」に気づいたBさんは、Aさんに対して怒りを感じ「禿げろ」という意図を投入したとしますw Aさんは禿げちゃいます。これが呪い返し。気づかぬうちに不幸を背負ってしまっている。(これね、ある人の実話なんですよ)

    これを回避するのが、「赦し」です。他人の「呪い」が来ても、自分と相手を「赦すこと」でその「意図」を進入させないんです。つまりは「自分の願望」にならない。そのために感謝や相手の幸せを祈ることが大切になるんです。

    上記の、外国人親子は「良い因果」を創り出したように、運命を好転させるには、他者との関係を「衝突させない」ことがコツです。
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。