フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    感情の開放の最後
    ついに最後に残ってるネガティブな感情達の開放が終わりましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 約一年半、正直ここまで辛いとは思わなかったです。

    最後に溜まっていた観念は、やはり神経症の原因になったモノ達でした。母親にワガママと言われ、「みっともないのはいけない。」と躾られたのが不満、恐怖になっていました。その理不尽さに泣いた幼少期から、高校時代のショックな出来事までが、主に大きかったです。

    この感情に邪気がたっぷりくっついて、石膏のように固まっていました。それは体のコリと対応します。私の場合、左肩肩甲骨に物凄い激痛があったのですが、そこを中心に体中に散らばったようです。フォーカシングを始めて、どんどん邪気が減っていくに連れ、体の方に出てきたようです。

    邪気が抜けた後は、物凄くスッキリします。それだけ硬い鎧のように固まって体を重くしていました。

    この邪気が徹底的に感情の開放を抑えつけています。で、出すときの不快感もハンパないものでした。この最後の開放時は、体が物凄い冷えて、お風呂に入っていても、お湯が凍ってしまうんじゃないと思ったぐらいですorz また朝起きたら、左足が物凄く痒くて大変な時もありました。

    そしてこの溜まった感情が、エゴの概念になり、行き過ぎると恐怖症や鬱などの精神疾患になります。何かの刺激を受けると、自動実行プログラムのように、この感情が立ち上がってきます。その不快を避けるため、無意識に抑えこむ。そして強力に抑えこむほど、邪気がたっぷり取り憑いて出にくくなっていたように感じました。

    付け加えると、感情だけでなく、感覚も含めた全ての不快な情動に取り憑きます。私の場合、「汚い、気持ち悪い」という感覚が不潔恐怖の原因でした。何か「汚い」と感じる物に触ると、その溜まった情動が一気に吹き出して来るので、異常なキレイ好きになっていました。

    この溜まった感情が感じる意識を「自分自身」だと思っていました。本当の「自分」はポジティブでまさに「今ここ」しか見ていない、すごくノンビリしていて全く執着がありません。これは私自身すごく驚いています。

    また、インナーチャイルドのカテゴリーに書いた、謎のワンダーチャイルドwは私の自己の部分でした。何となく「別にある子ども心」なのかと思い込んでいましたが、違いました。

    一連の感情の開放を終えて思ったことは、「○○をしてはいけない。○○をしなくてはいけない。」という自分ルールは徹底的に無くすことが凄く重要だと言うことです。嫌なことは我慢しない。感情に支配されていると、物事を歪んでみてしまいます。安心して納得すると感情は解放されます。

    私の中に溜まった感情は、こういう「義務」が元になった概念も、不快として大きく溜まっていました。楽しむな、幸せになるな、良いことなんかない、上手く行くわけない。そして、この不快を避けたいから、行動を物凄い駆り立てています。

    例えば不満を避けたいから、お金に執着します。そしてお金を稼ぐにはと、アレコレ思考して、本心が「快か不快」を感じているかは、無視してしまいます。ここで、また不満が溜まるという負のスパイラルになります。そして思考に柔軟性が無くなります。

    これは交流分析のストッパーとドライバーです。

    自分の本心がどう感じているかが、最も大切です。これには「今ここ」を観ること、楽しむこと 快い選択をすること 安心することだと感じました。

    今回の感情の開放の最後に体験して気づいたことは、とても大きかったので、今後も記事したいと思います。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
    感情と体のコリ
    昨年の7月に守護霊さんと、思いがけずコンタクトが取れるようになりました。それからずっと感情の開放を付きっきりで手伝ってくれています。私の心の中には、どんな傷ついた思いがあるか、その原因は何かなど全てお見通しでした。

    守護霊と見えない世界についてに書きましたが、守護霊さんが体全体をフリフリと動かしてくれてから、邪気が口からガーッと吐き出せるようになりました。

    この動作は何なんだろう?とずっと思っていましたが、これは体の凝り固まった部分をほぐして、邪気を出やすくするためでした。

    守護霊さん曰く、これだけでは感情は解放されませんが、体のコリ(邪気で凝り固まった部分)をほぐす事は、溜め込んだ感情を解放するのに凄く重要だそうです。(記事内で何度も触れていますが、抑圧した感情に邪気が取り憑いています)

    ですので、ストレッチなどで凝り固まった体をほぐすことは、とても大切です。フォーカシングや感情の開放をされる前に是非、体をほぐして見てください。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 8
    最初からご覧になる時はフォーカシングでの感情の開放過程1からご覧ください。


    そもそも未だに邪気が何なのか良く分かりません。
    守護霊さんに聞いたところによると、ネガティブな感情と同類なので磁石のようにくっついてくるそうです。
    「意識の世界のゴミ」です。


    邪気は取り憑いた感情に物凄い執着を持っているので、感情の開放の妨害をします。
    「守護霊さんのフリ」をして騙されたことが何回もありました。

    ただし邪気が取り憑いている溜め込んだ感情が無くなるに連れ「自分の中で大きな変化」が出始めます。
    日に日に変わっていくのが分かりました。

    左脇の邪気が溜まっている場所が苦しい思考形態・観念を形作っている感情の源でした。
    その場所の感情の開放を始めて感じたのは、自分を縛っていた概念がどんどん消失してる
    ということです。
    自分を縛ってきた思い込みが無くなっていきました。

    余談ですが嬉し涙は左から出て、罪悪感や自己を偽っている時の涙は右目から出るそうです。
    確かにインナーチャイルドや守護してくれる存在とコンタクトしていると左目から涙が出ます。
    そして左脇の邪気が溜まった場所の感情を開放していると右目から涙を流します。

    感情の開放という苦しみを味わった分、戻ってくるのは大きな恩恵です!
    だから生き辛さを感じている方は恐れずにご自分の感情と向きあってみてください。

    分裂した自己
    に書いた「閉じ込められていた私」が姿を現し始めました。
    段々エゴという概念が顕になりました。
    「エゴ」の部分と、本来の「自己」が分裂して感じられてきました。

    「悟り」とか「目覚めた」という状態は未だにわかりません。
    が、確実に気づきが増えてきました。


    今までの概念が崩れて「何で他人と自分を隔ててるんだろう?」と疑問に思うようになりました。
    エゴの視点での物事の捉え方が「歪んでいる」と感じるようになりました。

    言葉にするのがちょっと難しいですが…

    昨年、エックハルト・トール氏のニュー・アース を初めて読んだ時は分からなかったんですが、今はスッと内容が入ってくる感じでしょうか…

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 7
    邪気を吐き出せるようになったけど「具合の悪さ」と「五月蝿い邪気の声」は思ったより改善しません。
    ある日、寝起きでボーっとしている時に守護霊さんに聞いてみました。

    すると左脇の邪気が溜まった所を指し示してくれました。
    「そこに感情が溜まってるの?」と聞くと「うん」という頷き。
    「それを開放すればいいの?」 「うん」


    そこで左脇の邪気溜まった場所をフォーカシングしました。
    2歳の頃のベビーベッドにいる光景が浮かんできました。
    物凄く悲しくなり「ママ~」と叫んで泣いている感情が出て来ました。
    昨年の9月の初旬の頃です。フォーカシングを始めて約一年がたった頃ですね。

    感情を感じ切ると「ありがとう」と言いながら解放されていきました。
    私は「この感情が原因だろう」と思ってました。もう最後だろうと。

    しかしこの状態がこの後、何ヶ月も続きます( ;∀;)
    パンドラの匣を開けてしまったようで、次から次へネガティブな感情や思い込みが出てきます。

    未だに出てきます( ;∀;)

    物凄く苦しいです。感情カオス状態と名付けていました。
    頭の左側で「怒り」を感じると同時に、右側で「寂しさ」を感じているという異常な状態がしばらく続きました。
    「世界が終わるような恐怖感」に襲われたり「どうしようもない孤独感」に襲われたり…
    とにかく「地獄を見た」という表現がピッタリです。

    今はこの「最終段階の最終段階」にあります。
    邪気の声は殆ど聞こえなくなり、感情カオス状態も沈静化しました。

    >フォーカシングでの感情の開放過程8へ
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 6
    さて一番最後の「抑圧した感情・固定観念」の開放の段階に移ります。

    「攻撃的フェルトセンスのボス」がいなくなった直後から、邪気が頭の中で「大声」で話し始めました。
    内容は、否定的な事と嫌な事しか言いません。
    そして頭がボッ~として体の調子も悪くなりました。

    私は「攻撃的フェルトセンスのボス」が最後だと思っていたので邪気もすぐに抜けるだろう、と思っていました。
    大きな誤解でした…この後が最も苦しい段階でした。

    私の期待に反して、一向に邪気が抜ける様子がなく「頭の中の五月蝿い声」と「体調の悪さ」で本当に毎日泣いていました。
    どうしたら邪気が抜けるのかさっぱり分からなかったんです。

    この状態になって何日か経った頃体が勝手に動き始めました。
    手や足をフリフリしたり体を捻ったり…
    守護霊さんがやってくれています。
    何故かコレを続けていたら「口からガーッと邪気が吐き出せる」ようになりました。

    そして邪気が吐き出されたら「出た!」という小さな合図が聞こえます。
    こうして邪気を吐き出せるようになった時から「邪気の五月蝿い声」が少しずつ小さくなっていきました。

    えっと、本音を言うとこういう一連の現象が未だに信じられません。
    自分で書いてても信じられませんw


    ただ「このようにして邪気を出さなくては感情を開放できない」と言うことではありません。
    辿る過程は人それぞれです。
    溜め込んだ感情を開放する事が主題で邪気はその感情にくっついているだけです。

    >フォーカシングでの感情の開放過程7へ
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。