フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    攻撃的なインナーチャイルド
    観念の手放し方です。これは昨年、エネルギーの停滞が体中に出てきたときのこと。このブログの過去の記事で、邪気が出てきて、そいつが喋ると書いてしまいました m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーッハハハヒャヒャヒャヒャ まあ当時(このブログを始めた初期の頃)は、なんだか分からなかったんですよ^^; ただ体が冷えて、体中があり得ない位凝ってしまい、風邪のような症状が続いたんですね。”邪気”が喋るのは、マインドトークの延長、つまりは自分自身の傷ついた当時の感情のまま、自分を攻撃しているだけなんです。で、自分自身の声というのは、”ハイアーセルフ”のメッセージで知っていたんですが、自分の意識とは思えずに、何か悪霊のようなものという印象がありました。

    この、一応インナーチャイルドのようなもの、としておきますが、心が傷ついたまま(ストレスを抱えたまま)、その当時で時間が止まっている。よく感情の開放で、退行催眠状態になるのは、この停滞した感情の部分にアクセスするからです。で、眠っているのと同じです。エネルギーが停止しているので、理性がほぼありません。所謂、邪気が多いと「頭が廻らなくなる」のはこのせいです。せっかくの”脳力”を使わないので、無意識にアクセスできずに、運命も廻らなくなるんですね。怖いですよ。なので「気づかせること」で目を覚まさせると「アレ?」と我に返ります。

    で、筋肉痛から癌、アレルギーなど、すべての体の不調はエネルギーの停滞です。今日、おもしろいひらめきがありました。なんで、風邪をひくか分かりますか?冬とか寒い時期が特に風邪の季節ですよね。これは寒くて体が縮こまるから、言い換えると”緊張状態”になるから。で、なぜ緊張するかというと、恐怖を感じるから。不快=恐怖と思っていいです。だから風邪はウィルスというのは二次的な要因ではないんじゃないかな、と思います。風邪って症状を抑えることはできるけど、治療する特効薬は未だにないんですよね。

    で、生物は己の生命を守るために、恐怖を感じます。それを必要以上に感じ続けると、神経、すなわち神の道が詰まるんです。自律神経失調症という診断をもらうでしょ。これはエネルギーを受け取れない、ということ。

    それで、この困った邪気(トラウマを持った子供の当時の意識)を消滅させるにはどうすればいいか。昨年、ハイアーセルフの意識と繋がったときに聞いたら「もう、いらない。」と言うだけでOKと。半信半疑で、うるさいマインドトーク(このブログの過去の記事に、反抗的なフェルトセンスとも表現しています)に対して声をかけたら、「ハッ!」と気づいて、「ごめんなさい」と言って消えたんです。これは、自身も攻撃するけれど、”固定観念”でもって自分を守っているんです。要は防衛機制。で、その観念に対して「もう、必要がない」と表明するんです。すると気づくわけです。

    もうひとつの方法は「怖がらせる」こと。この傷ついた子供の意識は、自身(ハイアーセルフである本質)をバカにして攻撃しているのですが、逆に構われたいんです。

    この意識が上っているときは、必ずネガティブな気分になるので、意識から降りてもらうです。で、こちらは「お前らより、人生経験を積んでいる大人だぞ」と悟らせる。そのために怖がらせるんです。これは、ある方のブログに方法が書いてあったんですが、すごい効果があってびっくりしました。

    私がとった方法は、イメージで、この傷ついた過去の子供の意識を呼び出すんです。でね、銃を突きつけて、「まず脅す、その後で、○す」(;・∀・) ほかにもオプションがあり、目の前で殺人をして、「次はおまえの番だ」とかいったり。戦場のイメージをして、その中におっぽり投げたりw

    これね、今日はTさんの傷ついたインナーチャイルドまで侵入しているので、彼の意識と共同で、私が彼のIC(インナーチャイルド)、彼が私のICを、いろんな残虐なイメージで脅していたんです(;・∀・) 黒魔術の儀式のいけにえになってもらったりして、虐めていました^^ で、彼は何をやったのか知りませんが、軍隊の中に放り込んで、なんかしていたみたいです。

    そしたら、泣き出すんです。まあ私の表情が泣き顔になってしまうんですがwww これは彼の攻撃的なICが泣いているんです。で、しばらく時間が経って、彼の顔を思い浮かべたら、私の意識の一部が怖がるんですよ(;゚Д゚) どうも、脅しが効いたみたいです。体のコリがサーって退いていきました。

    まあ、これは、イメージが得意な方は、この憎たらしい存在に対して怒りをぶつける意味で、虐めてみてください^^; フォーカシングなどの感情の開放をされたかたは、フェルトセンスに暴言を吐かれた方もいると思います。私なんかは「線路に飛び降りて自殺すれば?」とか憎たらしいことを言われました。この存在自体が、エゴの存在です。で、これがいるばかりに、体が病気になったり不幸になったりします。それは、本心とアクセスできないために不自然な選択をしてしまうからです。一応、インナーチャイルドと書いていますが、よく使われるソレとは区別してくださいね。こいつらには、厳しい態度で臨んでください。どこまでも相容れない存在です。私は「攻撃的なフェルトセンス」と呼んでいますが。こちらのほうが「大人であること。力が上回っていること」を悟らせてください。

    イメージを浮かべることで、間単に出てきます。というのは、イメージと言うのは自身の心に忠実だからです。私は過去の記事で「邪気の塊を切り刻むイメージ」をしたら、それが消えていったと書きましたが、攻撃的なICを虐めるのも同じ行為です。

    で、イメージが不得意な方は、マインドトークを、後頭部の辺りに意識を置いて観察してみてください。下らないことを言っているの見つけたら、叱りつけてみてください。もしくは「もういらない」と言う。これだけで簡単にいなくなります。

    でも、まあ、数が多いんですw なので、感情の開放や、何よりも大切なのが、「安心を体に覚えさせること」。これで消えていきます。彼らの存在が緊張をさせ、その緊張が神経=神の道を閉ざすんです。緊張から自律神経失調症などになりますよね。緊張状態が続くということは不自然な状態であることなんです。そこから自我が出来る。自我(分離感)は不自然なんです。そして、卑怯な「罪悪感」という感情に苛まれます。自身を責める行為は、生命を冒涜する行為です。

    愛という状態の反対が、恐怖です。この攻撃的なICは恐怖に侵されて、気が狂っています。それを目覚めさせることで、、文字通り「目覚めた人」=「悟り」になります。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:11 | トラックバック:1 | top↑
    恐怖と罪悪感
    「わがまま言わないの。我慢しなさい!」 これは私が幼い頃、母親によく言われた言葉です。表面では大いに反抗しましたが、内面では憎しみと共に、大きな罪悪感になっていました。曰く、母親には従わなくては行けない。エゴの肥大化を招きます。

    これは、親の「恐怖」を子どもに与えている行為です。もちろん、躾ではなく、愛情ではありません。一方的に押し付ける行為です。

    そして、お互い「恐怖を共有」してしまいます。この「制限」が愛情を制限する性格(態度)になり、また、自分が親になった時に同じ態度をとってしまいます。自己の「価値観」として機能してしまうからです。これが世代間連鎖(ファミリーカルマ)です。 

    でも想像してみて下さい。恐怖感からは、「なにも創造的な事が生まれない」んです。

    エゴの態度を差し引いてみれば、人はすごく個性的な存在です。ネガティブな感情の発露も、自己から出たものであれば、エネルギーになるんです。

    エゴの態度はパターン化出来るほど、単純です。

    しかし、ポジティブな在り方から、様々な創造が生まれます。例えば、会社の新規プロジェクトなども、リラックスしたポジティブな雰囲気な時に良いアイディアが生まれます。

    感情は、相手に伝播します。ただ、全ての感情の中で、エネルギーの停滞を起こすのは、恐怖だけなんです。文字通り、恐怖で固まらせてしまいます。これは、生存欲求なんです。そして、エゴの分離感からくる恐怖は、生存欲求が脅かされた、乳児期に雛形が出来上がります。

    この、雛形が「観念の大元」として、作用してしまいます。その後の環境で、その観念に基づいた態度を取ることで、どんどん肥大化していくんです。ですので、子どもに愛情をかける事はとても大切です。

    ただ、残念ながら両親(それに代わる大人)から、あまり愛情をかけられずに成長したとしても、抑圧した感情を解放することで解決するので、大丈夫です^^

    悲しみや孤独感は、優しさを生むことがあります。また、怒りはエネルギーに変わることがあります。恐怖は、罪悪感に変わります。

    この罪悪感が、所謂「カルマ」です。罪と罰というワケです。

    罪悪感を押し付け合わなければ、お互いが「在るがまま」の気持ちで接することが出来るんです。

    私は、チャネリングで、亡くなった母親と繋がりました。その時に、「ワガママ!」と責めた事を謝ってくれました。また、感情の解放前の神経症で心が潰れそうな状態だったことに関して、「助けてあげられなくてごめんね」と言われました。そうしたら、素直に「心配かけてごめんね」という言葉が出ました。(う~ん、シチュエーションが特殊ですが^^; 私は、ハッキリ言って、死後の世界は懐疑的な人でしたので…)

    感情の開放のワークに於いては、このように(まあ、すでに亡くなっている場合は特殊でしょう^^;)、親に自分をさらけ出すことも、大きな効果があります。

    毒になる親という本の中で、その事例について触れてあります。とても良い本なので、興味のある方は参考になさってみてください。

    「我慢の強制」は罪悪感であり、百害あって一利なしです。人にも自分にも、「我慢をさせない。我慢をしない。気持ちを尊重する」ということが、とても大切です。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
    赦すこと
    人生の「不幸」の原因は、エゴです。私はエゴの観念を全て手放す前は、「エゴが無くなれば、人に気を使わない世捨て人」になるんじゃないかと心配していました(;・∀・) そしてエゴも少しは必要なんではないかと思っていました。が、全く必要ありません!

    人に「気」を使うことで、「余計なエネルギー」を使っていました。だから人間関係で疲れていたんですね。感情の開放を終えたら、逆に相手の事が良く分かる事に気づきました。なので、真に相手に気を配ることが出来ます。気を「使う」のではなく、「配る」事です。

    感情の開放で、要になる要素が、「赦すこと」です。楽しい経験は何度でも思い出して浸ることが出来ますが、嫌な経験は思い出したくないですよね。これが「歪み」となります。その溜まった感情の「量」には限りがあり、これを昇華していく方法はいくつかあります。で、私は、溜まった感情を「再体験」することで、開放してきました。これも重要ですが、もう一つショートカットがあることに気づきました。それが「赦すこと」です。

    楽しい経験を何度も思い出しくなるように、嫌な体験はそこで絡んだ「人間関係」で、傷つけた相手を「赦す」んです。また、「不甲斐ない自分」も赦すんです。エゴの観念の大元の原因は、人間関係なので、赦すことで、視点を変えます。楽しい経験とは行かなくても、「もう終わったこと」と認識を変える。そのためには「赦すこと」。これが感情の開放(エゴの観念の消滅)の為の、手っ取り早い方法です。

    内観療法という心理療法があります。これは主に幼少期の家族に対して

    1.してもらったこと
    2.して返したこと
    3. 迷惑をかけたこと

    を、自覚していく方法です。まあ、私は実践したのではありませんが^^; とても理にかなっていると、感情の開放を終えた今、実感しています。何故かというと、赦す対象で最も重要なのが、母親だからです。全ての生命はお母さんから生まれています。母親の顔を知らずに育った人も同じです。胎児期から乳児期にエゴの概念の雛形が形成されます。

    一体感を感じていた母親から分離感を感じると、赤ちゃんはとても驚きます。そして恐怖と悲しみでいっぱいになります。私の場合は、母親に対してアンビバレントな感情が強くありました。これが神経症の原因と医者から指摘されたこともあります。まさに愛と憎しみは表裏一体です。

    この内観療法での「迷惑をかけたこと」を自覚するのは、とても抵抗がある方も多いのではないかと思います。でもこれが「罪悪感」を炙り出すキーです。ここは「迷惑をかけた」を自覚して、その自分を赦していくことで、大きくエゴの観念は消滅して行きます。罪悪感(自分も他人も裁く感情)がエゴの大きな特徴です。そこを癒すことでエゴは存在基盤を失います。

    私は感情の開放の最後の方で、「胎児期から記憶があること」を思い出しました。その中で、赤ちゃんの私が、部屋の中で、ニコニコしながら、母親が来るの待っている光景を思い出しました。陽だまりの中の、スゴク幸せな空間なんですね。ニコニコしてると喜んでくれるから ニコニコして待ってるんですよ(;・∀・) 驚かせようとして、ニコニコして待ってるんです。我ながら、「ちびっ子は可愛いな」と感激してしまいました(∀`*ゞ)

    大人の自分が子ども時代の自分に愛情をかけることが、一番重要です。大人の自分の立場で「赦すこと」「愛情をかけること」でエゴの大元の傷は癒されていきます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
    感情を解放させるのに効果的な事
    抑圧した感情を解放させるのに効果があると思われる事をあげてみます。

    ・その感情を認めること
    これは、今、頭で感じている感情を味合うように充分感じきることです。例えば、怒りなら、その怒りに任せて怒る。スッキリするまで怒ることです。私はベッドを殴りつけていました^^;

    ・体の声を聴く

    これは、フォーカシングなど、モヤモヤした漠然とした感覚を捉えることです。頭で解決しようとすると思考に邪魔をされてしまいます。ですので、感覚に目を向けることです。フォーカシングの場合、フェルトセンスが掴めなくても焦らないことです。最初は、胸がもやもやする等の感覚に注意を向けるだけでOKです。

    ・イメージ

    これはイメージやアファメーション、自己暗示などで、その観念を手放したと断定することです。
    イメージが現実を創ることの記事で私がやった方法を書きました。コツとしては、イメージやアファメーションがシックリ来る、ピンと来る感覚を掴むことです。また、意図した時点で、願望は集合意識レベルで叶っているので、安心して下さい^^

    ・邪気をとること

    これは、心や体に良いエネルギーを流すことです。この良いエネルギーとは安心感や快の感情の事です。また、ホ・オポノポノなどの言霊を邪気の溜まっている部分(抑圧した感情)に語りかける事も、凄い効果があります。これは私が体感した事ですが、特にポノは強力でした。その部分の邪気がバッと消えてしまいます。これは言葉自体に強力なエネルギーがあるからです。特にエネルギーが溜まっている丹田にこの言葉を語りかけると効果的です。

    ・感情を観察すること

    日常生活のあらゆる所で、エゴの反応が出ています。それを捉える事です。ヴィパッサナー瞑想などは体系化されていますし、ただ、マインドトークをたんたんと観察してみるのも良いと思います。感情に飲まれない事がポイントです。

    ・常に安心すること

    リラックスして、安心したり、楽しむこと、ワクワクすることで、邪気が消滅していきます。良いエネルギーが体に満ちてくると、ふわっと暖かく柔らかい心地良い感覚拡がります。

    エゴの観念は抑圧した感情に自己の部分が接触しているように感じました。ですので感情に飲まれています。この状態は明らかに意識が二つあります。開放の最後の時、エゴ(抑圧した感情)に飲まれている部分に、「気づいて!」と声をかけていました。すると「ハッ!」として、その意識が戻ってくる不思議な感覚がありました。まさに眠っていたんです。コチラの声が届かないようで意識が分かれていました。この感情に飲まれている部分を安心させてあげるのが効果的です。抑圧した感情から引き離す感覚です。

    以上が私が体感して効果があったものです。ぜひ、参考にしてみてください^^

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
    心の状態
    感情の開放の終盤から感じていた事は、観念を取るに連れて「自己」の部分が大きくなってきたことです。ですので、エゴからくる観念をどんどん客観的に眺められるようになってきました。

    ただ、抑圧した感情が残っていると、相変わらずの反応をしました。全然、無くなっていないような感じです。それだけ量が多いということですが、恐らく一度に感じ切れるものではないので、毎回同じように感じていたのだと思います。

    今考えると、この観念を効率よく取る方法は瞑想ではないかと思います。というのは、安心感を感じると消滅していくからです。

    自己が占める意識の座が大きくなるから、二つに分離しているように感じてきたようです。だから、感情は相変わらず責めてきたけど、どんどん自己の部分を認識できるようになってきました。

    不快な感情を抑えつけるときに、思考で理屈をつけます。それがマインドトークの声として聞こえてきます。これでごまかして、焦点をそらしています。感情ではなく、思考に焦点が当たるから、それで抑えつけてしまいます。

    だからマインドトークを観察するのも、その奥に抑えつけた観念を見つける、ひとつの手だと思います。また、この抑えつける思考も、他の観念から来ています。だからある刺激に関して反応したモノは絡み合っています。

    単純なのは、恐怖心と、怖がっちゃいけないと強がる感情。 怖がっていいからと認めると両方の感情が消滅します。

    日常生活で心の動きを観察していると、この溜め込んだ感情が絶えず反応しているので、そこから紐解くのがいいと思います。例えばヴィパッサナー瞑想など。

    長年、溜まってきた観念で習慣になっているから、気づくのが難しいモノがありました。例えば、「ご飯を残しちゃいけない」と怒られた経験から、お腹いっぱいでも無理やり食べていたことです。

    それも、無意識に食べていました。でも本心は不快を感じていた事に初めて気づきました。やはり邪気がついた観念として沈んでいました。ですので「食べ物を粗末にしちゃいけない」の前に、自分がどう感じているかを捉えるのが重要だと思います。

    そして、最も大切なのは安心することだと実感しました。安心して心地良い状態だと、ネガティブな観念は消えていきます。

    こんな風に。。。

    携帯の方はコチラからどうぞ


    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放の仕方 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。