フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    内側の世界
    約一年半かかって抑圧した感情・観念を開放し終えました。思った以上の効果がありすぎて、ビックリしています。まず、守護霊とかそういうものは、全然信じていなかったので、まさかチャネリングのような状態になるとは思いませんでした(;・∀・)

    ただ、これ確かに子どもの頃は、こういう心の状態だったなあ、と思い出したワケです。他人との「壁」が無かったし、当たり前のように、何か大きなモノに繋がっている感覚がありました。大人になって、見事忘れていたワケですが^^;

    フォーカシングを始めた頃、心の中のイメージがボンボン見えるので、いったいどうなっているのだろう?と随分面食らいました。フェルトセンスとは、まるで幼い頃の「私」と会話するように、喋っていました^^; 仲良くなると、イメージの中で花束をくれる子(フェルトセンス)もいたりして、フォーカシングから覚めたあと、あの花束は本物なのか?とアホな事を考えたモノです。

    また、随分象徴的なイメージが出て来ました。分裂した自己の記事に書いた「氷漬けの私のイメージ」です。このフェルトセンスには、氷漬けだったのでルシファーと名付けていました^^; これが今思えば、その通りのネーミングなんですね。フェルトセンスとしては「自己(真我)そのものの性格」でしたが、これが、傷ついて分裂して、エゴの大元になっていたようです。つまり「心の闇」です。

    これはユングの元型のイメージ(象徴)という事なんだと思います。すごく面白くいなぁ、と^^

    また、インナーチャイルド1の記事に書いた存在も、自己(真我)で、子どもというより、今の私自身です^^; これが開放されるときは、パッと天使(子どもの姿)が見えました。つまり、解放前までは、エゴを形成していたワケで、その時は”堕天使”だったワケですね^^;

    神話というのは、なるほど心の世界を描いているのだなあと、またココで驚きました。

    つまり光と闇は、まさに表裏一体で、その状態を行ったり来たりしていただけなんだなぁ、という感じです。ただ感情を開放して「闇」が無くなると、必然的に「光」も無くなるわけで、諸行無常という事なんですよね。こういう二元論は当てはまらないんです。

    ただ、エゴの中にいるときは、それがエゴだとは気づかずに、飲み込まれていました。人に気を使うのは当たり前、自分を犠牲にするのは当たり前でした。

    これは、エゴ自体が全く自分の本心にアクセス出来ない状態なんです。だから、「自分」を蔑ろにします。このような心の仕組みになっています。そして、エゴは等しく愛情に飢えている餓鬼です。文字通り、子どもの自分であり、地獄の餓鬼と同じく貪欲で決して満足しません。これは、エゴがプログラムのように自動で反応するからです。これが「自動思考(グルグル思考)」でマインドトークの元です。

    忘れがちで、とても大切な事は、「まず、自分を愛すること」なんですよね。これ、感情の開放の中途までは、まるでワケが分かりませんでした^^; それだけ、観念としては根深いんです。ですが、徹底したのは、「在るがままに気持ちを受容すること」でした。これはフォーカシングの基本的な姿勢です。

    この自己愛から、どんどんエゴは解放されていきます。
    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングの初期の段階
    フォーカシングという技法を始めてから思ったことがあります。それはフェルトセンスとのやり取りは自分の内面を知る上で、様々な事を教えてくれるという事でした。(フェルトセンスとは、wikiの説明では、まだ言葉にならない意味のある感覚と表現していますが、私は心に住んでいる様々な自分、感情達という印象を持っています)

    そしてフェルトセンスと触れ合う事で、自身の心の持ち方がどんどん良い方向に変化していきました。余談ですが、フォーカシングが深くなると瞑想の深い状態と似たような感じになり、フォーカシング中の記憶が若干薄れていることが多々ありました。それほど、心の深い領域にアクセスしているという事だと思います。

    これは初期の頃のフォーカシング日記に書いたものです。これからフォーカシングをされる方、また現在やっている方にも参考になれば、と思います。

    私は被害妄想が非常に強かったと書きましたが、その時のフェルトセンスとのやり取りです。

    水色の文字が日記からの抜粋です。

    ・何も悪いことしていないのに悪いことをしたような気がする。
    ・自分が嫌いな相手に「もう連絡しないで」と言ってしまった。相手に仕返しされるかもしれない、と怯える
    ・某掲示板にある有名人を中傷する内容を書いたが、訴えられたらどうしようと怯える

    何れも妄想という認識があるけど感情レベルでは理解できずに怯えていた。

    天使ちゃん(注:フェルトセンスの名前です。フォーカシングではフェルトセンスに名前を付けることを推奨しています)は私の妄想の原因は母親から自立していない、という
    誰も守ってくれる人がいないと思っているから「異常に警戒してしまう」のが妄想の原因だという。
    (カウンセラーみたいだよなw)
    天使ちゃん曰く「それでも貴女は今までピンチも乗り越えたし人にも好かれる。そういう自分の美点をどうして評価出来ないのか?」との事。
    「でも自信ない」と答えた。
    「自分を卑下することない。逆にいいところがたくさんある自分を褒めてあげなくちゃ」という感じの事を言った
    ようは「自分が無力で何も出来ないと思い込んでいるから、妄想が出る」



    分裂した自己に書きましたが「私の自己」というべき存在がフォーカシング中に出て来ました。彼女は氷漬けのイメージで出て来ました。それほど「本来の自分」を強力に封印していたんだと思います。そして、しばらくは分裂状態でフェルトセンスとして会話していました。(現在は胸の部分で融合しました。ハートチャクラの辺りです)

    彼女(自己)に「自信ある?」と聞いたら
    「自信かよくわからないけどさ、なんで自分を卑下しないといけないの?それがわからない。」
    なんか自信満々な様子に見えたw
    彼女は私の本質なんだろうと思う。彼女の考え方に影響されてきている。
    あと人は容姿で評価する、だから怖い、と話したら大笑いされた。
    容姿に拘ることに対して「なんでそんな事を気にしているのか本当に理解できない」との事。
    最後に「私は楽しいことが好き」と言った。


    またある時の、分裂した自己とのやり取り

    妄想に関して聞くと「根拠ないじゃん。」
    無意識に自分を責めてしまうというと、怖い顔になってびっくりした
    自己「なんで責めるの?」
    私「人を傷つけるとか良くないじゃん」
    自己「あのさ、加減できないの?(要は大したことないのに自分を責め立てているって意味)」
    「自分を責めても何の得にもならないよ」



    「愛ちゃん」と名付けたフェルトセンス

    ・正しいことしないといけない
    ・罪悪感を感じる原因を作らないで
    ・でももう責められたくない

    反応がすごく鈍くなった 最初は消えてしまったのかと思ったがいた
    でもやはり反応がにぶい おまけに逃げ回る
    何処となく昇華された感じがしたが・・・?どうだろう



    フェルトセンスの中には、「疲れてるのにフォーカシングを頑張りすぎてる。自分の気持ちを汲みとって」という子や、私の被害妄想に対して「神経過敏なだけ」と自分の本心を伝えてくれる子もいます。

    また傷ついていたり、今の状況に不満をもっていたり、諭してくれたり、と様々なフェルトセンスがいました。そしてフェルトセンスに何度も話しかける事で、私を嫌っているフェルトセンスとも仲良くなったり、心の傷が解放されたりしました。

    こうして心がどんどん良い方向に変化してきます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
    邪気と感情
    抑圧した感情に邪気が取り憑いている事は、過去の記事で書きました。抑圧した感情には、この邪気=マイナスエネルギーが必ず取り憑いています。

    ただそれほど恐れるものではありませんのでご安心下さい。感情が解放されれば邪気は消滅します。

    私の場合、フォーカシングを始めて暫くたった頃、丹田の辺りから冷気が出て来ました。当初、私はそれが何だか分からずネットで調べて、どうやら邪気だと確信しました。気功関係のサイトでは「感情に取り憑く邪気」という記事がいくつもありました。

    肩こりや腰痛が酷い方は、心因性のものかも知れません。私は左肩甲骨の激痛で神経ブロック注射やロキソニンを飲んでいましたが、改善しませんでした。

    この邪気の欝陶しさは、過去の記事でも散々書きました(;・∀・) 特にフェルトセンスが出なくなり、抑圧した感情だけが出てくる最終段階で体中に邪気が散らばりました。また感情の開放を妨害してきます。コイツらはたくさん集まると塊になるんですよ^^;

    ですので、フェルトセンスを取り囲んでいたり、インナーチャイルド1の記事に書いた私の子ども心(傷ついた感情のインナーチャイルドではなく、ワンダーチャイルドと呼ぶべき存在です)がフェルトセンスのように出てくると、この子を取り囲んで身動きが取れない状態にしていました。

    風邪のような症状、移動する打ち身のような痛み、朝の寝起きのダルさなどが起こりました。はっきり言って美点がありませんw またマインドトーク(心のお喋り)は邪気が原因でした。これに関しては心のお喋りの正体のカテゴリーに詳しく書きましたので、よかったら読んでみてください。

    人をここまで不快にさせる才能?は凄いと思いましたw

    またフォーカシングを始めてから、昨年の7月に守護霊さんと繋がったことや、こういう一連の不思議現象には自分自身でもビックリしています^^;

    フォーカシングや感情の開放をやっていくと、私のように邪気が出てくる場合があるそうです。ただ抑圧した感情(エゴの観念)は解放されたがっています。余談ですが、守護霊さん曰く、私が不快に感じている事がこの感情達は分かるそうです。だから、ここぞとばかりに文句を言った事もありますw

    でもこの感情達は開放されると「ありがとう」を言って消えていきます。自分で作り出したエネルギーであり、ネガティブな感情を感じるのが不快な為に閉じ込められてしまった状態にあるんですよね。

    それに対して、この抑圧した感情に執着しているのが邪気です。体のコリが心因性だと感じた場合はなるべく早く開放した方が良いと思います。というのも、健康に良くない事がひとつ。私は守護霊さんから邪気が吐き出せるようにして頂きましたが、口内炎が出来ました。

    心が暗い状態だと、健康を害する事があると思いますが、この邪気も原因ではないかと思います。

    で、明らかに酷いコリがある場合、そこの部分をフォーカシングしてみてください。痛みの部分に焦点を当てて、そこから何か感情を感じないか試して見てください。

    私の場合、左肩甲骨にたくさんのフェルトセンスがいました。また今でも、そこに重い感情が溜まっています。酷い時には神経が鈍くなります。でも必ず開放できるので、感情に取り憑いた邪気が原因と思われる場合は根気よく、そこに焦点を当てて、体の声を聞いてみてください。

    私の場合、全身に邪気が廻ってしまったんですがw イメージで邪気を消滅させると本当に消えてしまいます。また邪気は鼻に溜まりやすいようなんですが、邪気が取れると鼻の通りが良くなり凄くスッキリします。

    これが無くなれば体が軽くなり、快適さを感じると思います。

    厄介なものですが、抑圧した感情が消滅すると同時に邪気も消滅するので、恐れず、この厄介者を追いだしてみてください。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングでの心の変化
    フォーカシングを初めて二ヶ月程で、他人の目を気にしなくなって来ました。その時に出てきたフェルトセンス達とは私とフェルトセンスの対話という形でやり取りをしていました。

    この後に出てくる「インナーチャイルド(傷ついた子ども心)のフェルトセンス」とも同様のやり方で、傷ついた子どもの私を大人の私が慰めているような感覚でした。

    感情の開放過程というカテゴリーに感情の開放過程を時系列に記事にしています。

    邪気から始まり、亡くなった父親(父は同じ守護霊団?という所にいるそうです)、守護霊さん(ハイアーセルフ)など、今までの自分の常識を打ち破る出来事がどんどん出てきて正直戸惑いました(;´∀`)

    そして防衛機制の具現化(エゴの塊)と呼べる、「私の感情では無いもの」が出て来ました。これで最後かと思ったんですが、この後が地獄だったことは他の記事でも書きました。

    この時は、防衛機制の具現化(エゴの塊)で感情の開放は終わりだ、と思ったけど不安を感じていました。それは「恐怖症が消えていない」という事でした。

    そしてこの後からネガティブな感情の層(抑圧した感情・エゴの観念)達が出てくるようになりました。

    相当キツイのですが、、どんどん心が自由になっていくのが分かります。交流分析の禁止令が消滅していくような感じです。

    以前の私は、人に意見を出来ない、自分は何も出来ないから我慢してしまう、人に逆らってはいけない、嫌われたらいけない、楽しんではいけない、という観念があしました。

    そして異常に他人から拒絶(嫌われたり馬鹿にされること)を恐れていました。ましてやブログなど人の評価に晒されるものなど怖いので以ての外でした^^; もちろんコメントをするのにも心臓がバクバクしてしまうという有り様です。

    ところが大元にあるエゴの観念を開放していくに連れて「なぜ、人に自分の意見を言ってはいけないんだろう?」という疑問が出て来ました。

    ひつこい観念の一つに根底に他人は敵だという思い込みがありました。だから人に意見を言って反論される事を避けるという行動をとっていました。これが随分足を引っ張っていたように思います。

    また怒られること、拒否されること、バカにされることが許せなく、理想の自分を認めされてやろうというエゴの概念に突き動かさていました。

    それらが、どんどん消滅して行くにつれて、いかに物事を歪んだフィルターを通して見ていたか分かりました。

    そして過去の記事に書きましたが、まずはじめに気づいたのが「他人と自分を隔てるのがおかしい」ということ。
    そして「今を楽しむことは当たりまえ」ということでした。

    以前の私は、エゴの内側にいたので「エゴの思考」でもって、物事を判断していました。
    そしてエゴの内側にいるときは「それが本当の自分だと思ってしまっていた」ことなんです。
    世間の常識(ニートはみっともない、今は不況だから仕事がない等)。
    エゴは自分自身に制限を設けています。


    でもそこから離れてください。感情の開放することもひとつの方法ですが、「創造力」の視点でみることでエゴの狭い偽りの視点から離れられると思います。たとえば、常識から離れると「お金を儲ける手段は無限にある」ということが分かります。

    瞑想、自然に触れること、心地良さを感じることがとても効果があると感じています。心地良さを味わうことは無理のないポジティブな思考になります。

    邪気とネガティブな感情は呼応しているようです。ですので「心地良さ」や「ポジティブでいること」はとても大切だと思います。ただ、他の記事にも書きましたが、無理矢理ポジティブシンキングをして不安を打ち消そうとすると返って抑圧状態のままになります。

    私が初めて「エゴ」という言葉を知ったときに「自我でしょ、いいものなんじゃないの」とおもいました(;´∀`)
    またエゴの内側にいたときは、何かの欲求が出ると「コレがエゴの思考だ」と思っていました。でもまったく違っていました。エゴから出る思考の範囲内を出ていない状態だったんですよね。

    こんな風に、殆どの思考形態がエゴに拠る物でした。ただ、怖がらないで頂きたいんです。私は感情の開放という手段でエゴの概念を取って行きましたが、瞑想や「自分の気持ちを認め許すこと=自分を大切にすること」でエゴは弱くなっていきます。

    私の体験を読んでエライ大変だと思われる方もいらっしゃると思いますが、観念を解放する方法はたくさんあります。フォーカシングでも、私のようにキツイ状態になるのは稀かと思います。ですのでその辺は安心してください(´∀`*)

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
    フォーカシングとイメージ
    イメージが現実を創ることの記事で書きましたが、体中に散らばっている邪気の塊を消すイメージのものすごい効果に驚きました。まさにイメージが現実に作用しているんですよね。

    このブログに書いているように抑圧した感情(エゴの観念)に邪気が取り憑いています。だから肩こり、腰痛の原因は心因性のものが多いのではないかと私は思います。私は昔から左側の肩甲骨に物凄い激痛がありました。守護霊さんから「ココが元凶」と伝えられました。

    もう殆どの感情が解放されたとはいえ、ひつこくひつこく残っている観念がありました。そこで「邪魔な観念全消去!」と自分に宣言しました。既に消えていると決めたんです。

    「全消去」と決めても、「急に消えるわけないよ」と疑うエゴがいます。こういう「疑念」が一瞬にして消えることを拒んでいます。

    そして、エゴの観念の大元の存在が出て来ました。ビックリしたのは普段の思考している「私」でした。もう自分なんです。区別がまったくつきません。コレが消えるということは自分が消えてしまうという感じです。

    それでも守護霊さんは「抑圧した感情(エゴ)」と言います。

    で、コレが「やめてよ。私まで消えたらやばいじゃん。ヤダヤダ」といって反発します。(こういう思考が浮かぶんです)

    自分が自分でなくなるような恐怖です。ただ、それを客観的に観てる「自分」もいます。この「自我(エゴ)」は何もかも信用していませんでした。

    これが開放され始めてから、体中が物凄く重くなりました。そしてデカイ岩がいくつもゴロゴロと落ちていくイメージが浮かびます。中には地中深く、地球の中心部に吸い込まれていってしまったと感じるほど重いものがありましたw

    それから、目を瞑ると人型が見えます。それを邪気を消去するイメージをするとその人型が崩れて何も無くなります。まさに偽りの自己が邪気とエゴの観念から形作られていました。これが随分消えると今まで自分の顔だと認識していた部分の奥に本当の顔があり、すごく穏やかな良い顔をしてました。(ちょっと言葉で表現するのが難しいんですが…)

    こういうイメージはちょうどフォーカシグで浮かぶイメージと同じでした。フォーカシングで、こうやって自発的に出てくるイメージに触れていったため、生き辛い観念達がどんどん消えて行ったんだと思います。

    また不思議なのはこういう観念に触れると、昨夜見た夢の内容が思い浮かぶことが多いんです。それだけ無意識の領域にあるということなんでしょうか。(当然、体は起きているし、眠気があるわけじゃありません)

    しかし、この「私もどき」の重さはハンパありませんでした。立ち上がれない程重いんですよ。重くて熱くてドロリとした液体が体中を流れている感じ( ;∀;)

    この観念は、自分が無くなるという恐怖がすごく大きかったんですね。でも実際に無くなるのは自分を縛ってきた観念だけなんです。もっと正確にいうと「自分」という鎧が取れる感じです。

    実は私自身、エゴが無くなるとオシャレに興味なくなったり、身だしなみを気にしない人になるんじゃないかと、懸念してました。また空気の読めない人になるかもしれない、という心配もありました。

    逆なんです。エゴのない本心は「楽しいこと」が好きです。だから余計オシャレすることを楽しむだろうし、人に気を使うという実は自分を防衛している事をしなくなるので、人間関係も自然に楽しめるようになります。(現に私は、そうなってきました)

    正直、これこそ自我(エゴ)という物を目の当たりにしてビックリしました(;´∀`)

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。