フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    エゴの反応を捉えて解放する
    このブログでは「感情の開放を方法」をテーマにしています。

    今までご提案させていただいたのは「心の深い層にある感情の大元の観念、抑圧した感情」を手放すこと。
    これは時間がかかるうえ、相当キツイです。
    ただし苦しんだ分戻ってくる恩恵はバカでかいのです Σ(゚Д゚)スゲェ!!

    過去の記事にも書きましたが最終的に守護霊さんのお陰で、エゴの観念の大元が邪気まみれで全身に散らばりました。(イメージ難しいかな^^;)

    邪気とはあの肩こり・腰痛を起こすものと同じです。気功でいうあの邪気です。抑圧した感情にはマイナスエネルギーである邪気がこびりついていました。これが全身に散らばってたお陰で全身肩こり状態、有り得ない場所(ほっぺた)などに筋肉痛のような痛みがあったりしました。

    この状態になると、どんどん大元の感情が解放されて「エゴを客観的に見ている自分=本来の自己」が現れてきました。悟りという心境が理解できていきます。

    ここで観念の手放し方を書いたのは引き寄せとこの世の法則 にも書きましたが、いわゆる引き寄せの達人には悟ってる人が多いなあ、という疑問からです。

    人生で地獄をみた方も多いようですが、ここではそれは置いておくとして…

    観念の手放し方について、また少し違うやり方を提案したいと思います。
    たとえば「人と意見のすれ違いから険悪になった」とします。
    その時に怒りが沸いてきます。その怒りを頭で感じてください。飲み込まれないで淡々と怒りを出しっ放しにしてください。
    次に「そんな事でいつもまでも怒るなよ」という感情が出て来ました。これも飲み込まれないで出しっ放しに。

    しばらくするとスッキリと消えてしまいます。しかしまた出てくる場合があります。そしたら上記の事をまたやってみてください。

    これをいろんな「不快な感情」に応用してみてください。
    例えば「私のほうが可愛いのにあいつに彼氏ができやがった!」とか「一攫千金したヤツがいる。なんだか気分悪いぜ」など。

    このように感情を消えるまで「出しっ放し」にしておくのがポイントです。敢えて感情を感じきる必要はありません。
    それに付随した「その感情を裁く感情」なども出てくることがあると思います。こいつも出しっ放し。
    ポイントは感情に飲まれないで感じてあげること。

    感情を感じきる点は同じですが「日常で出てくる不快な感情」に焦点をあてるのが目的です。ひとつの感情を消滅するまで感じきるメソッドとは少し違います。

    こうしていると、その不快な感情達が消えていきます。ただ、また同じ状況が出てくると、同じ感情が立ち上ってきます。そのうち「それに反応する感情・観念」に気づきます。もしかしたら原因に辿りつくこともあるとおもいます。そして「そう思ってるのは自分じゃない。エゴだ!」と気づいてくると思います。
    エゴはあなた自身ではありません!

    こうして炙り出してみてください。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。