フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    エゴと防衛機制
    私は心理学のプロではありませんし、心理学という分野には様々な学派があり「これが正しい」というモノはありません。神経症だったため心理学関係の本から得た知識と、感情の開放で得た私の経験で記事を書いていきます。心理学に関しては素人知識なので間違っていたらすみません。

    「防衛機制」という考え方があります。
    どんなものか一部抜粋しますね。引用元はお馴染みのウィキから。

    ・抑圧
    実現困難な欲求や苦痛な体験などを押さえ込んで忘れようとする。
    ※このブログで主題にしている抑圧された感情です。私見ですが様々な感情を抑圧することで防衛機制が発動するようです。

    ・同一視
    自分にない名声や権威に自分を近づけることによって自分を高めようとする。他者の状況を自分のことのように思うこと。
    ※厨二病です。あとで恥ずかしくなりますヽ(´Д`;)ノアゥア...

    ・投影
    自分の欠点を置き換えたり他人のせいにする。
    ※私の場合、自分自身の嫌いな部分を他人の中に見るとその人を毛嫌いしていました。また上から目線の人に強烈に噛み付いていました。

    ・反動形成
    抑圧されたものと正反対のものを意識にもっていること。無意識に抑圧した思いが意識にあがってこないように、本心と裏腹なことを言ったり、その思いと正反対の行動をとる。
    ※ツンデレです。

    ・逃避
    苦しくつらい現実から一時的に逃れる。
    ※私はアルコールに精神依存していました。原因はネガティブな感情の支配から逃れるためでした。

    ・摂取
    他人の業績を自分のことと思い込んで満足すること(自我拡大)。直接関係ないにも関わらず、自慢したり喜んだりする。
    ※よくコレが出てきていました。「私の叔父は弁護士」「父は画家」「姉は某有名大学卒」。
    とくに父親の職業について「貴方達のような凡人の家庭とは違うのだわ。一緒にしないでくれる?」という超嫌なヤツだと思われることを内心では考えていました。どれも私の業績でも力でもありません。

    自尊心が低いからでした。
    エゴの力が比較的弱い人は自尊心が高いと思います。

    防衛機制の種類は他にもありますが、私は経験がないのでココでは書きません。

    思い込みを見つける方法で防衛機制がどのような形で出てくるかを書いています。良かったら読んでみてください。

    この「防衛機制」とエゴは密接に関係しています。どこかで見たのですが「防衛機制といえば抑圧」とありました。エゴの働きはこの「防衛機制」と言えるのではないかと素人考えながら思っています。

    で、心理学の難しい事は分からないのとエゴさんが「間違ったことを書くと馬鹿にされる」と囁くのでこれ以上、心理学につっこむのは止めておきますw

    エゴの観念を開放して感じたのは「何一つ自分を守る必要が無かった」ということでした。
    命に関わる危険は別ですよw エゴは何から「自分」を守っているのでしょうか?私は「人から愛されたい」という感情が大元にあると思います。そして人から見捨てられるという不安から守ろうと必死なんです。

    それが「他人より優れているべきだ(認めてほしい)」「他人は敵だ(受け入れて欲しい」「罪悪感(私が悪いから怒られるんだ)」などなど。それがエゴ(細かく紹介してる防衛機制は便利だな^^;)になります。

    私はエゴの観念を開放して不思議と「孤独」を感じなくなりました。これは「他人は自分」という事に感覚的に気づいたからです。

    皆さんにオススメしたいのは、上記に書いてある防衛機制でご自分に当てはまっているモノがあったら、その感情を感じてみて欲しいのです。フォーカシングで自分に問いかけるのも良いし、瞑想で自分の心を見つめてみるのも良いと思います。

    エゴが消滅してきて気づいたことがありました。
    「良いこと、悪いこと、思ってはいけないこと、やってはいけないこと」は無いという気づきです。
    これは皆、人間(法律や生まれ育った環境のルールなども含む)が決めているだけです。


    じゃあ「人を殺していいのか?戦争は?人を傷つけたり迷惑かけることはいけないだろ?」と思う方もいると思います。私の得た答えは「赤ちゃんは人を殺そうと思わないし戦争をしようとも思わない」です。エゴの観念を取るということは赤ちゃんの心に出来る限り戻っていくということです。

    それから人間関係の中で「無意識に人を傷つけていたり迷惑をかけていたり」しています。ある意味仕方のないことだと思います。そして赤ちゃんは「意図的に人を傷つけたり迷惑をかけよう」とは思っていません。

    自分の本心に正直になることはとても大切です。自分の意見を出せない方が多いと思いますが(以前の私がそうでした)、そういう事で悩んでいる方はアサーショントレーニングをオススメします。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。