フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    フォーカシングと感情の開放
    私の感情の開放過程を読まれた方は、「すごく大変なのでは?」とか「時間が取れない」と思われる方もいらっしゃると思います。

    私も感情の開放を始めてから、仕事中に過去の抑圧した感情が出てきて所謂「急性ストレス障害」のような症状が出て困ったことが何度かありました。私の場合、神経症の症状が酷かったので言わば「本気モード」でフォーカシングに取り組みました。ですのでフォーカシングに充てる時間も多くとった事が原因かと思います。

    これらの感情は私の経験上、なんとかコントロール可能です。私のように「病気として症状が出ている、またはそれに準ずるくらい生き辛さがある」場合、そして本気で取り組む場合は、抵抗が無ければ(というか無くして頂きたいのですが)信頼の出来る心療内科医のサポートが必要だと思います。心にメスを入れる行為ですので。

    それと、本気モードを入れなくても日常で出来る方法を自分なりに記事にしているつもりです。それは普段の感情や思い癖を捉えること。そこから紐解いていけば、邪魔な観念に辿り着きます。

    本気モード(命がかかってるモードwと言ったほうがいいかも)ではなく、自分の心を見つめる為のフォーカシングは、瞑想のように楽しんでやっていけます。というか私は瞑想より楽しいと感じました。

    辛いのは、終盤のフォーカシングではない感情の開放過程です。エゴの大元の観念がある心の層です。これも私の場合、急ピッチだったせいか効果が早い分、過酷でした。

    皆さんが同じ経過を辿るとは限らないのですが、感情の開放の辛さは覚悟してください(;´∀`)
    日常生活が送れなくなるほどではありませんが、相当過酷でした。ただその辛さも後半の3ヶ月を乗り切れば、大きな大きな恩恵があります!

    ここでは私の体験を基に綴っているので、読まれている皆さんが同じ過程を辿るとは限らないです。フォーカシングや瞑想など心と対話することを楽しんでやって頂きたいな、と思います(´∀`*)

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。