フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    思考が現実をつくる
    人は一日中、何かを考えています。ほとんどが生産的でない自動思考です。この自動思考は何処から来ているかというとエゴの観念(抑圧した感情・観念)から来ています。ついでにそれに伴うマインドトークは邪気について2に詳細を書きましたが、邪気が言葉を発していました。

    ちょっと信じられない方もいると思います。(私も懐疑的でした)が、私の体験から事実です。
    エゴの大元の観念がネガティブな為、同類の邪気を引き寄せてしまうこと、そしてその感情に取り憑いていること。そして邪気自体に知能はありませんが「ネガティブだったり下らない」マインドトークをし続けています。
    その裏に自動思考があります。

    さて思考が現実を創るとはどういことでしょうか?
    エゴの自動思考(心の癖)は過去の記憶を参照して「防衛の為に」様々な制限を設けています。例えば「お金を儲けるのは簡単にはいかない」「自分が至らないので変わらなければ」「物事はそう簡単に上手くいかない」など。

    エゴが「勝手」にそう思っています。エゴは「否定的」です。物事の悪い側面しか見えません。「自分を守るため」に何か行動を起こそうとすると「それを行うのが危険である証拠」をたくさん集めてくれます(;´∀`)
    もちろんその「悪い証拠」は嘘です。

    これらは思い癖になっているので、エゴの設定通り「自分では望んでいないつもり」の選択を無意識にしてしまいます。

    これが「思考が現実を創る」ということです。難しいことではなく単純に「そうする事を選んでいる」んです。
    いつも思い通りにならないという方は、幼い時に植え付けれたエゴの観念が生き辛い思い込みをしている為、それに基づいた行動がまた「不満」やトラブルを招き「人生の負のスパイラル」に陥ってしまうのではないかな?と私は思います。

    交流分析に「人生脚本」という考え方があります。これは幼い頃の環境で自分の「人生の脚本」を書いてしまうこと。それが何パターンかに分類されていますが、特徴的なのが「いつも同じ(悪い)パターンを繰り返す」と言うものです。

    だからと言って「悪いことは考えないようにしよう」と無理をすると心が疲れてしまいます。心は在るがままの状態にしてあげる事が大切だと思います。ただ感謝や物事の良い側面を捉えることを意識するのは良いと思います。

    意識していただきたいのが「悪癖」「思考のパターン」に気づくこと。いつもイヤイヤなのに無意識にそうしてしまっている事があるはずです。

    ディーパック チョプラ著の富と成功をもたらす7つの法則に書かれていたのですが、「沈黙」するという方法が私には良い方法でした。

    ただ「心のお喋り」を一歩引いた所から眺める感じです。自分は参加しない=沈黙です。
    これは「今ココ」の状態でいるのにも最適なのでオススメです。


    エゴが消滅してきた状態で物事を見るとどうでしょう。「何も制限しているものはなく、自分が嫌なことを選んでいた」事に気づきました。

    どんな「思考の癖」があるか、思考からくる行動を観察して、その大元になっているものを洗いだして見てください。気づいたキーワードを書きだしてみるのも良いと思います。

    明らかに「足を引っ張っている」と思われるものに関しては、その思いが何処からくるのかフォーカシングで問いかけるのも良し、またその思い癖から感じる感情を感じてみるのも手です。

    また「思考が現実を創る」からネガティブな事を考えたら現実になると不安になる方もいるかもしれませんが、「エゴの不安」は的中しません。私の場合100%的中しないですw ご安心を。

    現実になるのは、その「選択」をした時です。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。