フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    思い癖が制限を創る
    思考(思い癖)が現実を創っている事を昨日の記事で綴りました。その中で嫌な現象を繰り返してしまう「負のスパイラル」について触れましたが、こう言うことです。

    幼少児に刷り込まれた思い癖が「当たり前」になっていると、その生き辛さの中でどんどん不安を溜め込みます。曰く「思い通りにならない」と。

    これが不安や不満(不足感)になり、「現実をコントロールしたい」という「欲望」になります。根本にある思い込みを手放さない限り、この不足感は生み出されてしまいます。

    エゴは恐怖が元になっているので、この不足感からくる欲望を満たしても「不安」がつきまといます。根本にある思い込みが解消されていないからです。


    私の場合、「お金は簡単には得られない」という負の信念がありました。これは子供の頃に見た両親の態度(愚痴)でそう思い込んでしまっていました。

    お金がたくさんあっても「不足感」は拭えません。お金が何れ無くなってしまう恐怖感、足りないという渇望感に支配されていました。

    そして、やりたい事があるのに「それはそれ相応の準備がいるよ」というエゴの声に操られて、望んでもいない職種を選んでいました。(お給料が基準でした)

    また、やりたい事に対しては、またまたエゴが「自分が変われば上手くいく。今はまだ準備中」と言い続けました。エゴにとっては「ずっと自分が変わる準備中」なんです(;・∀・)

    これが感情の開放以前は、自然な形で頭の中に居座っていたという感じです。エゴの観念を開放していき深部にある負の信念に行き着いたら「いつも頭で感じていた”嫌な感覚”」を感じました。

    というワケでいつも意識していない(焦点を当てていない)だけで、頭の中には負の信念達がデンっと居座っています。それをご自身で意識の表層に引っ張り上げて見てください。

    他の記事に書いた、嫌な感じ、モヤモヤする感じをメモしてそこから感情を感じても良いし、フォーカシングで「この思いは何処からくるのかな?」と問いかけてみるのも有効です。

    私が特にフォーカシングという技法をオススメするのは、心は体にあるので「体に聴く」と分かりやすいからです。

    よく胸が締め付けられる、とか怒りが腹の底から込み上げてくる、なんて表現をしますが、私の体験では怒りの感情は本当にお腹に溜まっている事が多いです。

    フォーカシングは体系化されているので、やりやすいですが、本格的にやらなくても「体の感覚」に焦点を当てる事を意識されてみてください。そしてご自身の中にある「負の信念」を開放してあげてください。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。