フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    「在るがまま」ということ
    ゲームはルールがあるから面白いですよね。LP0になったら復活しないけど、どこでもセーブ出来るとか。(最近、ロマサガのMIDIを聴いて思い出しました^^)人生=ゲームと考えてください。このゲームには、本当はルールなんて無いんです。ルールの外側に出ると、全てが見えます。そして、実はゲーム自体がもともと存在しません。ゲームもルールの一つなんです。

    ここで、「制限」が出来るとクリアしようと頑張る。楽しいんです。ゲームはいつでも中断して好きなときにリプレイ出来ます。人生ゲームの中断の方法は人それぞれで、自殺もあれば事故、病気もあります。何も「死」が中断というワケではありません。

    心残りがあれば、いつでもセーブデータからリプレイ可能です。ここで、エゴは勘違いしますが、死は「今生の終わり」というワケではありません。目を向けるのは「状態」です。あくまで「人生ゲーム」の中断で、セーブしたら、その時点からやり直したくなる。それが転生です。カルマの精算の意味です。まだクリアしてないからです。

    エゴは「ラスボス」に見えるけど、自分がキャラデザしたモンスターなんです(;・∀・) この「今生」のゲームのラスボスの一つの形態ですが、本当のラスボスは運命です。このラスボスの攻略は簡単です。戦闘しなければ勝てます。それが「在るがまま」です。

    この世界が幻なんです。ゲームクリアも何もなくて。

    巷で言われているアセンションは「流れ」です。実は「何も変わらない」んです。ただ「在る」という「事実」だけです。

    で、存在は常に、この「世界」と関わっていくゲームをしているわけです。それは「死んで」からもプレイしています。

    根本はただ「在る」 だけなんです。

    苦しみは、ある感情に反応しているだけなんです。そうすると、実は何も怖がることは無かったと気づきます。輪廻自体、自分で断ち切ろうとしたら、いつでも出来るんです。なぜしないのかと言うと、ゲームを楽しんでいるんです。

    エゴは、その中にいるときは「強大な敵」に見えます。「死の恐怖」を抱えているかです。このゲームのシステムは四諦です。死ねばゲームオーバーというのは最大の苦痛です。が、セーブデータからいつでもやり直せます。つまり「幻想」です。

    本質は、ただ「変化」だけが続くという事。そして存在は常に「流れに応えてる」。全てが常に「在るがまま」という事です。

    何を選択しようと、状態が変わるだけで、本質は何も変わらないということです。

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 初めての方へ | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。