フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    運命を創るカラクリ
    引き寄せの法則を創るカラクリは自己の部分にあります。

    例えば、様々な恐怖症がありますが(心気症など)、恐怖が現実にならないのは自己の部分が、妄想と認識して現実化へのパスを作らないからです。

    自己がその恐怖を、「受け取れば」現実になります。これは自己の「選択」になります。あらゆる運命の基本はここにあります。

    私が感情の開放を本格的にやらざるを得ないように運命が展開してきたのも、自己がそのような環境を選ぶからです。私の場合、会社が潰れるというキッカケがありました。それは入社前から分かって選んでいたんです。で、不思議なのは今思えば、それ知ってんたんですよw これは高次の自己(守護神さん)から伝わってきました。

    つまり自己判断=高次の自己の判断で、どこからが自分でどこからがハイアーセルフの部分という境界は無いわけです。そこへ至る壁が取れると全体が見えてくるわけです。壁はエゴが作っています。

    私は命が他人に預けられているという感覚がずっとありましたが、コレはエゴに選択権が無いというメッセージをずっと受け取っていたからです。不本意なエゴの選択を容認するのは「自己」の部分です。例えば「自分には起業なんて無理だ、社長の器ではない」とエゴが言ってくると、その通りに「起業させない」道を選択するのは自己だと言うことです。それは本心が望んでいないと言うメッセージを気づかせるためなんです。

    もしも悪いことが現実になったなら、それは気づかせるために「自己」が受け取って現実化したんです。決して「宇宙の法則」や「神」という不可抗力な何かに運命が翻弄されているんじゃないんです。あくまで自己が「苦境」を容認しているんです。つまり自分が選択しているんです。

    日常全てに、メッセージが隠れています。

    これは、どんな境遇でも「自分の選択」があって成り立っており、その大前提は崩せません。荒療治に見えるようなことでも全て自分の選択です。

    自己の視点では、全ての流れが見えています。ですので、その願望が叶うか叶わないかは自己の部分に全て決定権があります。自己が是と言ったものは全て叶います。そもそも可能性の無いことは願望になりません。

    また恐れや執着があると叶いづらいと感じるのは、エゴが「無理だ」と言うと、自己が「無理」という状況を容認してしまうからです。「無理」の根っ子に恐れがあります。なぜ容認するかは、恐れを現実化しないためです。この恐れの状態とは「願いが叶った状態とそれを失う恐怖」です。

    ただ、叶うことは自己が分かっているので、エゴの雑音を静めてみてください。願いが叶うシンクロや直感のアンテナは、委ねれば研ぎ澄まされます。そして現象が円滑に流れだします。

    願望が叶う叶わないはエゴを納得させるのが大きなポイントになります。確信が持てるか、執着がないかです。これは守護霊さんと繋がって分かったのですが、本当に意図した時点で願望は全て叶っています。これは特定の「願い事」だけでなく、無意識に思った事全てです。

    ですので、生きるのに邪魔な観念はどんどん手放していったほうが、お得です(´∀`*)

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 引き寄せの法則 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。