フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    食事とカルマ
    肉食をして「重い」と感じたことはありませんか?その通りで、「重いエネルギー」なんです。エネルギーの状態がすごく軽い時は、バランスを取るために「肉」が欲しくなります。

    エゴは重い(思い)エネルギーです。仏教では、肉食を断ちますが、これはエネルギーの調整です。菜食を勧めている理由の一つはこういうことです。

    もう一つは殺生。他の命を摂取するのは、「重い」カルマになります。もちろん「いけない」という事ではありません。相手の命を引き受けること、つまりエネルギーを引き受けるから重くなるんです。

    あくまでエネルギーを停滞させないためです。菜食一辺倒も人によっては弊害があります。肉は、生きるエネルギーとして強いんです。重要なのはバランスです。

    自分で作ったエゴで手一杯なのに、更に重い肉が入ると「いらない」になります。歳を取ると脂っこいものや肉を受け付けなくなるのは、抑圧したエネルギーの過多が原因です。

    いろんな「念=エネルギー」があると重くなります。加工食品などは人々の「思い」があるから重いんです。

    で、エネルギーが多いと太りますよね(;´∀`) エゴは心の贅肉です。油、砂糖はエネルギー過多(カロリーが高い)なので、エネルギーが余剰になりがちです。

    つまり波動が重い=エネルギーが重い。エネルギーの状態は五行に当てはまります

    こちらのサイト様からの引用です。
    木は燃える事で火を生みます。火は燃え尽きると灰になり土に返ります。土は固まると金を生じ、金が冷えると水滴が生じます。再びすいあげて、木を生じます。

    必要なモノは体が喜びます。不味いと感じるモノは必要のないものです。

    肉食でイライラするのは、エネルギーの余剰です。イライラして肉やお菓子を食べると余計重くなります。こういう時に、思い切って粗食にすると、「アラっ?軽い。」となります^^ 嫌いと思わず食べてみれば、美味しいモノなんですね。

    また、所謂「痩せの大食い」の人はエネルギーを貯めにくい体質です。これもエネルギーのバランスを取ることで改善します。

    感謝して食べるのは最強です。「食べ物を粗末にしてはいけない」は私も親から言われ、義務になっていましたが、履き違えていました。いろんな命で成り立ってることはすごく有り難いと気づくことです。だから「おいしい~、幸せ~」と感じられることなんですよねヽ(*´∀`)ノ

    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。