フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    時間という幻想
    抑圧した感情・エネルギーの正体は「時間」です。えっ?と思うかもしれませんが、例えば、傷ついた感情というのは、その当時の「自分自身の有り様」です。

    感情(観念)の開放をしていると、リアルに過去を再体験する場合があります。これは「過去にタイムトラベル」しているのと同じです(;・∀・)

    これは三次元的な感覚(二元論)では掴めません。ですので、想像することでのみ、感覚が理解できます。

    エネルギーが滞っている部分は、まさに感情に飲まれて思考出来ません。これは時間が止まっているんです。即ちエネルギーの停止です。

    感情の解放前に、常々、「自分は理解力無いなあ」とか「頭が回らない」と思っていました。これは文字通り、「エネルギーが回っていない」という事なんです。停滞エネルギーがあると「頭を使う事」が出来ないんですね^^;

    「今」という時間こそ、最大のエネルギーの源です。この「今」に焦点を当てれば、「邪気」は存在出来ません。邪気は「エネルギーの停滞=時間の停滞」なんです。つまり「過去を悔み、未来を憂う」を止めることで、本来のエネルギーが流れだすんです。

    エネルギーを循環させるということは、「個」という概念で見ると掴めません。「自分の体」「私の髪の毛」というモノは無いんです。細胞や、体を構成しているものから、今自分がこうして生かさている現象は全てが、エネルギーを頂き、それを還元している事で成り立っているわけです。

    こうして、無限にループしています。

    因果の「因」の発生は、流れから「意図」という因が発生して、また大きな流れになり、また因を生み、輪廻しています。

    wikiからの抜粋
    輪廻はインドにおいてサンサーラ(saṃsāra)と呼ばれる。サンサーラとは、生き物が死して後、生前の行為つまりカルマ(karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わることである。


    人の死だけではなく、全てが常に生滅している。つまり個が在るのではなく、エネルギーの流れで「個」が在るように感じているだけです。全てが「状態」です。その状態の変化に名前をつけているだけなんです。

    このエネルギーを頂くということは、もうとんでもなく有り難いことなんです。エゴはエネルギーを「頂けなかった」部分なんです。このエネルギーは愛なんですね。こう書くと恥ずかしい感じがしていましたが^^; エゴの感情に触れていると、等しく愛情不足なんです。

    なので愛情をもって接することは、全てが円滑に流れだすという事になります。こんな良いことは放っておく手はありません!騙されたと思って「感謝と愛情」を意識してみてくださいヾ(*´∀`*)ノ
    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。