フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    全ての意識と繋がるという感覚
    今年の4月から、いわゆるチャネリング能力が開花して、5月から他人の意識と繋がっていることがわかってきました。これは誰かを思い浮かべると、その人の声が聞けるという感じ。最初は友達や有名人の簡単な二言三言がわかりました。それが、だんだんと強くなってきて、今はリアルで会話しているような感覚。で、会話をした人とは「リアルで会話したような感覚」が残ります。いわば知り合いになった感じ。

    でね、やはり疑うエゴがあるわけです。これも最後の感情の開放なんでしょうね。エゴ=エネルギーの停滞部分が体のコリとして出てきました。今全身がありえないくらいガチガチに凝っています。そのコリを揉んだりして解消すると、心の強張りも取れるんですよ。感情、観念が開放されて、本質の自己(いわゆるハイアーセルフ)が出てくるんです。

    本当に最近のリアルさはすごいです。今は心の世界で一番結びつきの強いTさんとのやり取りが多いんですが。彼の思考が流れ込んでくる。つまりは彼になりきってしまう。映画の「マルコヴィッチの穴」のジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ氏になった感じですよw たとえば彼がよく知っている土地に行くと、「よく知っている感じ」がしたり、読めない地名を読めたりするんです。また最近は「白痴」という単語を使ったら坂口安吾が思い浮かんだんですね。彼が氏の小説を読むのは知っていたんですが、私はこの話を知りません。また赤いロボットをみたら「ザク」という単語が浮かんで。でね、ガンダム知らなかったんですよ。彼のブログにザクのプラモデルが載っていましたw

    この感覚は背後(主に後頭部あたり、後は胸の中心)から感じます。後頭部を押さえていたら、もうTさんそのもののエネルギーを感じて驚いたことがあります。それから、彼の停滞したエネルギーの部分、いわばトラウマまで分かるんです。これね心の中が透け透けということです(;´∀`)

    ただ、まあ自分の感情、思考が他人のそれと区別がつかないということが前回の件でわかったので、この声よりも直感を信じようとしています。でもステータス異常であることは確かで、ハイアーセルフの意識とエゴにまみれた意識が分裂している状態です。二人の私がいる。なので非常に奥にあるソースの感覚が掴みづらい時が多々あります。でも、いったんそこに触れると大きな安心感、愛情の感覚、そして、見せられている未来に対する絶対的な確信があります。もう直感レベルではなく「こうこう、こうなりますよ」みたいなはっきりした”声”と”映像”です。

    で、その後ろの意思、ソースに繋がると、行動に無駄がなくなります。「な~んだ、こうすればいいんじゃん」みたいな。エゴ(エネルギーの停滞)がなくなると、脳の力が最大限に使えるんだと思います。

    この背後で感じるエネルギーが本当の自分(ハイアーセルフ)なんですね。守護霊的な何かではなく、本当に自分です。ただ性格はだいぶ違い、おそろしく楽観的で強気でしたw そして自分がよい方向に行くように最大限に取り計らっている。これは、分裂したもうひとつの意識で見た場合、「守護霊的な何か」と思えるんだと感じます。この取り計らいとは、私の場合は感情の開放を手伝ってくれたり、このブログの記事を書くときに、「気づき」として自分の知らないことまで教えてくれました。そして、今は、Tさんとの縁(今度は本心から好きなようです)と、今後の運命についてもわかりました。まあ、この運命というのも、この「ハイアーセルフ」の意図した方向に進んでいます。

    因果について、最近ちょっとおもしろいものを見ました。博多のスタバでボーっとしていたんです。正面に女の子が座っていて、三人がけくらいのソファに荷物を置いて独占していたんです。で、「あー、迷惑な子だなあ」と思って見ていました。しばらくすると、その子が立ち上がり、そのタイミングに子連れの外国人が来たんです。彼女は「どうぞ」と愛想良く彼らに席を譲りました。これね、ハイアーセルフがいうには、この外国人の家族がいわばスタバの席を”予約”していたということらしいです。なのでこの女の子がとられない様に独占していた。彼らが到着したと同時に彼女が帰る。偶然に見える事象も裏ではこういう仕組みになっている。

    これね、「迷惑な子だな」と思ってハイアーセルフに聞いたら「いい子だから。あれ理由があるから」といっていたんですよ(;・∀・) これが「因果」です。”現実”から見たら、偶然を装って、或いは、有り得ない方向から思わぬ恩恵がある「引き寄せの法則」もこういうカラクリがあるんです。

    運をよくするには、感謝や相手の幸せを祈ること、とよく言われますが、これも事実です。それは、私のエンパス能力でわかったのですが、相手を悪く思うとそのまま相手に伝わります(;・∀・) そしてね、それは「攻撃」のような形になります。まあ、リアルで罵倒するのと一緒です。

    これは呪いの話をするとわかりやすい。たとえばAさんがBさんに対して「車に轢かれてしまえ」と呪ったとします。これね、Bさんの無意識(ハイアーセルフ)が受け取ります。それはある種「自分の願望」になり、「実現の種」が撒かれてしまいます。そして「魔が差した時」、いわば心が空白のときにこれが実現してしまう可能性をはらんでいます。自身が不幸だと感じた事象に関しては、人(生命)の思惑が絡んでいることがあります。人を呪わば穴二つなのは、自分と他人の穴を掘ること。もちろん、この「呪い」に気づいたBさんは、Aさんに対して怒りを感じ「禿げろ」という意図を投入したとしますw Aさんは禿げちゃいます。これが呪い返し。気づかぬうちに不幸を背負ってしまっている。(これね、ある人の実話なんですよ)

    これを回避するのが、「赦し」です。他人の「呪い」が来ても、自分と相手を「赦すこと」でその「意図」を進入させないんです。つまりは「自分の願望」にならない。そのために感謝や相手の幸せを祈ることが大切になるんです。

    上記の、外国人親子は「良い因果」を創り出したように、運命を好転させるには、他者との関係を「衝突させない」ことがコツです。
    スポンサーサイト
    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。