フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    与えること
    エゴは自己責任という言葉を勘違いしています。自己責任とは「我慢すること。自分を犠牲にすること。自分を責めること」ではありません。「自由に対する責任」なんです。

    エゴは、自分を蔑ろにしています。何も出来なくて、見栄っ張りで、怖がりな癖に虚勢を張っている子どもです。その動きは全て不自然です。

    「他人に要求」しか出来ません。何かをして貰って当たり前。これがもう不自然なんです。こういう不自然な状態なので、本来のエネルギーが停滞します。逆に言うと停滞しているから、不自然なのですが。

    で、人の本質(命の本質)は、与えることだけなんです。感情の開放で自分を癒す時も、徹底的に自己受容する。与えてやると、「自分から」愛情が返ってくるんですね。

    私は感情が「ありがとう」と言って開放されると、過去の記事に書きましたが、これ「フェルトセンス」の会話と同じで、「対象化した自分」が言っていたんです。何となく感情エネルギーが喋るのかと不思議だったのですが^^;

    で、他人と言うのも全て「対象化した自分」です。自己(真我)の態度が自他の区別を付けないので、エゴ(自我)も実は「他者」の区別はつけられません。

    他人の嫌な面を見て、嫌悪する態度は「自分の嫌な面」そのものなんです。人(現象)は鏡で、自他の区別は付けられません。誰かを責めると言うことは、自分を責めていること。誰かに「要求する」のは自分に要求していること。

    ここで、責任の所在を考えてみました。現状が不満なのは、自分の責任です。自分の責任は育てた親の責任です。無力な子ども時代に親の馬鹿さに合わせていたから、エゴが肥大していった^^; その親を育てた先祖の責任であり、そうならざると得なかった社会の責任です。また、それを作り出している国家の責任です。どんどん大きくなる。

    では、最終的に、どこに責任を求めれば良いかというと、「自分」に戻ります。どんなに「不満」を他所にぶつけようと解消できません。それは「自分」の責任だからです。

    私は、全て「自己の責任」と考えた瞬間、とても自由を感じました。これは、「義務を果たす責任」ではなく、全てを創り出しているのは自分の責任という意味です。

    「他人」と認識したとたん、エゴになります。そして、コントロール出来ない「強大な何か」に感じます。これは状況も同様です。この強大な何かは「両親(それに代わる大人)」です。

    「他人のむかつく行為」をよく観察してみると分かります。全部、エゴが自己にしている行為です。それは「要求」です。

    どうして要求するかというと、ほぼ赤ちゃんの頃の満たされなかった「思い」が残っているだけなんです。エゴは子どもです。

    だから、エゴを癒すには、いっぱい愛して、愛して、愛してあげることしか出来ないんです。人は与えることしか出来ません。

    それは自分が楽しむことです。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:23 | トラックバック:0 | top↑
    <<ごたごた気流 | フォーカシングで知った心の世界 | 内側の世界>>
    この記事のコメント
    全体的に「そう、そう!」と頷きながら読みました。^^

    >私は、全て「自己の責任」と考えた瞬間、とても自由を感じました。

    特にこれ分かります~。
    自分に全ての権限(力)があるってことですもんね!
    2011-05-17 Tue 18:09 | URL | keizi #-[ 内容変更]
    >keiziさん

    おお!ありがとうございます~

    そう、自分の力なんですよね。でもエゴは絶対的に信じない^^; どうやら理解出来ないんですよね だから最初からシカトすれば良かった(;´Д`)
    2011-05-17 Tue 18:19 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    >私は、全て「自己の責任」と考えた瞬間、とても自由を感じました。

    かつてそう感じられたことがあり、自分では絶対どうしようもないと思っていた現実やいろいろな問題事も、自分自身が鍵となって変化することができる!と喜びました。
    が、「あれも自分の責任」「この問題も自分が原因」×∞…で、そんな自分はどうしようもなく低レベルの屑だ…と落ちてしまいました。(今)
    なんとまぁ私のエゴは自分を責めるのが上手いこと。
    ( 'A`)

    それはさておき、エゴやフェルトセンスとの会話っていいですね。
    私のフェルトセンスは「堅い」とかの感覚としてはあるものの、「怒りかな?」「悲しいかな?」「寂しいかな?」と感情的なものを探ろうとしてもてんで???です。
    イメージも会話もピントくるモノも何も無くて、シーン…って感じです。
    ( ´・ω・)
    まだフォーカシングを始めて2週間ちょいですし、焦ってフェルトセンスにプレッシャーを与えては元も子もないので、フェルトセンスっぽい違和感をひたすら感じるようにしていますが……って既に焦ってますねw

    あ~駄目駄目だぁ(;´Д`) ←?!
    2011-05-17 Tue 20:39 | URL | まぁく #-[ 内容変更]
    >まぁくさん

    >なんとまぁ私のエゴは自分を責めるのが上手いこと。

    そうなんですよね。せっかくエゴを抑えても、いつのまにか不安にすり替えてしまいます(;´Д`) エックハルト・トール氏の著書で、エゴは不幸依存症と書いてましたが、その通りです。あ~。。。

    フェルトセンスとの会話、焦らないでくださいね^^; ちょっと思いついたのですが、フェルトセンスの反応を待つのではなく、その「堅いモノ」から、まぁくさんがどんな感じがするかを捉えてみるのはどうでしょうか?

    かたい、という漢字にもいろいろあって、堅い、硬い、固い。その中で「堅い」を変換しているのも、無意識の印象の現れなんですね。あくまで私の感じなのですが、「堅い」は守りのように思えました。

    こんな所にも、「フェルトセンス」があらわれたりするんですよ^^
    2011-05-17 Tue 21:21 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    人は鏡・・・
    >他人の嫌な面を見て、嫌悪する態度は「自分の嫌な面」そのものなんです。人(現象)は鏡で、自他の区別は付けられません。

    私の知り合いで、養護学校で働いている人がいるのですが、
    彼女は子供(障碍児)が大好きです。
    だから、子供たちを貶めるような差別的なことをいう人には
    怒り爆発です。
    そういう差別的なことをいう人も彼女自身なのでしょうか?

    また、彼女は、自分勝手で自己中で、彼女のことを低く見る人間とかかわることが多かったです。
    それらの人も彼女のエゴの投影だったのでしょうか?

    彼女は清く正しい人で、そうでない人間(大多数ですがw)
    に対して、受け入れられないと思うと、
    心の中でシャットダウンしがちです。
    つまり、自分は正しく、相手は正しくないときっちり線引きするといいますか・・・。
    自分は相手のような人間ではない!!と強く思うようです。
    そしてわたしも彼女はそんな人間じゃないと思います。
    それでも相手は彼女の投影なのでしょうか?

    長い上にわかりにくくてすみません^^;
    うみさんのご意見を聞かせてください。
    2011-05-18 Wed 08:41 | URL | ぽこ #-[ 内容変更]
    >ぽこさん

    投影です。その「自己中の人たち、彼女を低く見る人達」を受け入れない=彼らを低く見ている、という事です。

    で、これが悪いんじゃないんです。お友達も含め、誰かの人格が低いという事はないんです。敢えて言えばエゴを強く出せば、人に嫌われるということ。そういう”態度”が人格を低く見せているだけです^^;

    >そういう差別的なことをいう人も彼女自身なのでしょうか?

    これなんですが、その行動そのものが、彼女自身の投影というワケではないんですね。なぜ、「子どもに対して」過剰反応するのか、という根っ子が同じなんです。

    これは、誰でも「子どもの扱い」には敏感だということです。なぜなら。。。敏感に反応するのが、自身にある「子ども=エゴ=幼少期の心の傷」だからです。バーストラウマなども含めて、エゴの雛形は幼い時の分離不安に遡ります。

    そして、また、ぽこさんが、お友達の内面で感じていることを、同じく感じているワケではないですよね^^; つまりお友達の中では別の世界(違う経験)があるわけで、どんなに清廉潔白に見えても、心の奥では怒りながら泣いている子ども(インナーチャイルドの概念)がいるんです。

    で、その子どもの感情(エゴ)が反応する限り、鏡である「嫌な人」も同じく反応してしまう。傍からみると引き寄せているように見える場合もあります。

    鏡というのは、言い換えれば”共鳴”になります。

    これは、人間関係のテクニックなのですが、嫌な奴が現れたら、反応せずにあるがままを受け入れてみて下さい。(相手の感情を観察する感じです) そうすると、相手はエゴを出さなくなります。

    相手は、自分の感情に同調することが分かると思います。(イメージでシュミレーションすると分かりやすいですよ^^) こう考えると、他人という区別もおかしい、という所に行き着きます。なんとなく伝わりますかね(;・∀・)
    2011-05-18 Wed 09:14 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    こんにちは。

    私の父親は、口を開けば呼吸するように嫌みと愚痴を言う人で、言われれば言われる程、そんな言い方で絶対に望み通りにしてやるもんか、とこちらも意地になってしまいます。

    与えあうにはどう気持ちを持っていけばいいか、難しいです。

    たまった怒りが相当有りそうですので、それを手放すのが先決でしょうか?
    2011-05-18 Wed 11:41 | URL | 由良 #-[ 内容変更]
    いつも自分にとってタイムリーな記事でありがたく読ませていただいています(^O^☆♪
    助けていただいて感謝しています!

    カウンセリング行ってフォーカシングの練習を体験してきました!
    今日はクリアリングスペースにフェルトセンスを並べる所まで行いましたが、
    ポンポンと感覚や感情を置くことができて、
    一人でするよりはかなりスムーズに行えて面白かったです。
    早速デカ目の恐怖(ブラックホールみたいなの)が出てきて焦りました(^_^;)
    早く嫌な感情に出て行ってもらいたいという気持ちが強くて、
    手放すことを急いていましたので、
    嫌な感情に「そこに居てもいいんだよ」と言ってあげることは正直画期的でした。

    じっくり時間をかけて感情と向き合うこのスタイルは
    せっかちな私にとって性格も治せて一石二鳥かも!
    と思いました。
    疑問が出てきたらうみさんにもまた質問させていただくかもしれません。
    何卒よろしくお願いしますm(_ _)m



    2011-05-18 Wed 13:31 | URL | けい #-[ 内容変更]
    >由良さん

    まず、ご自身の感情の開放をされたほうが、良いと思います。お父様に「与える」事をよりも、まず自分に「与える」ことが、全ての基本です。

    お父様に対する怒りがあれば、それを認めてあげてください。怒りを感じ切ること、例えば枕を嫌いな人に見立てて、殴るなども手です。

    けいさんのコメントに書かれている、「そこに居てもいいんだよ」と感情をそのまま判断せずに認めることで、感情は解放されていきます^^

    >けいさん

    おお!良かったです!軌道に乗れば、どんどん解放されて早速効果を感じますよヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

    デカ目のブラックホールは私もありました^^; 本当にブラックホールなんですよ。(エネルギーが凝縮してる感じ) このエネルギーに関しては、結構おもしろいインスピがたくさん来たんですが、上手く文章にまとまらない。。。 相対性理論になっちゃう、難しい(;・∀・) あっ、でも、分かりやすいのは、磁石ですよ。肩こりに磁石使うでしょ?あれ、デカイ磁力があれば、停滞エネルギーが解放されちゃうらしいです。。。 なので、エネルギーを廻すことも大切なのです。

    あとフォーカシングはコツが掴めると、けっこうハマります^^

    いつでも気軽に質問してくださいな
    2011-05-18 Wed 14:02 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    納得です!
    いつも彼女の話を聞いていると、どう考えても
    彼女が正しいのに、いつも周りに変な人たちが現れるのです。
    ちょっと我が強いタイプの子でもありますw

    で、これは関係ないかもしれませんが、とんでもない大ケガを何回もします。
    とってもいい子なのに、なんでこんな目にばかりあうのか・・・
    不思議で仕方なかったのです。

    >これは、人間関係のテクニックなのですが、嫌な奴が現>れたら、反応せずにあるがままを受け入れてみて下さ
    >い。(相手の感情を観察する感じです) そうすると、相手>はエゴを出さなくなります。

    これはわかります!
    相手の感情を観察して、しかも思いやりと同情をもってこっちが折れると、
    突然相手のエゴがひっこんだことありましたww

    でも
    >他人という区別もおかしい、という所に行き着きます。

    ここまでは私の中ではまだ行き着きませんね~~^^;
    2011-05-18 Wed 20:12 | URL | ぽこ #-[ 内容変更]
    うみさん

    質問に答えて頂きありがとうございました。

    「怒り」に対しては、早く手放そうとして、邪気に対するように厳しかったかも!と思いました。

    他のネガティブなフェルトセンス、例えば「淋しさ」には寄り添おうとは思っても、「怒り」には「ハイハイ、いるのは判ったからとっとと出てってよね」って態度で接してて、優しく語り掛けるようには出来てませんでした~。

    頑張ります(^O^)
    2011-05-18 Wed 20:39 | URL | 由良 #-[ 内容変更]
    いつも楽しみです^^♪
    うみさん、いつも心にささる記事の内容、楽しませて頂いてますo(^-^)o。
    相手が自分の鏡、という事は、うちの旦那もなんですよね…!?
    いつもジロジロとこちらの様子を伺い、隙があれば私のバックや財布をあさり
    自分勝手なまるでレ〇プのような…(;_;)。
    子育ては他人事、私が身体を拒否ると、離婚だ、もう仕事をやめたいとか言い出す…。
    私がどこかでこういう態度をとっているのでしょうか?
    どうにもこんがらがっています…(;_;)。
    2011-05-18 Wed 21:13 | URL | そら #jxml0p9w[ 内容変更]
    >ぽこさん

    怪我や病気なども、偶然はなく全て因果なんですよね。で、その因の発生の大元を辿れば、自分の内面があらわれます。こう書くと怖くなっちゃうかもしれませんが^^; 逆に言えば、全てが自分の心が創り出している、という事なんです。これが引き寄せであり、実は自分が創造主だったという事なんですよ(´∀`*) キーは「今ここ」です。全ての「因」の発生は、「今」なんです。

    自他の区別がないという感覚は、すご~く自分を拡げてみるイメージしてみたらいい感じかな、と思います。全て繋がっていて地球位でかい自分みたいな。分離感が全ての元凶なのでw この広~い感覚を体感していくのがオススメです^^

    >由良さん

    >「怒り」には「ハイハイ、いるのは判ったからとっとと出てってよね」

    この怒り(フェルトセンスの感情)が、「ハイハイ、出てってよね」と言っています(;・∀・) こう感情そのもので、対応してしまう場合があるので、一歩引いて、感情が無い視点で観るようにすると上手くいきますよ^^ 

    おそらく、まず出したい感情が怒りなんだと思います。怒りは第二感情なので、その奥に、本当の”思い”があります。ですので、スッキリする方法で、まず怒りを出してみてくださいませ^^
    2011-05-18 Wed 21:19 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    >そらさん

    確かに嫌な面が自分にあるとは思いたくないもんです^^; で、「鏡」というのは、全く同じ行動をしているのではなく、「相手の嫌な面と同じ心的状態が自分の中にある」という事。

    この場合、ご主人は「見捨てられる恐怖」が根っ子にあります。で、これは、そらさんにもあるという事。実は誰にでもあります。この恐怖が前面に出たときの行動です。これがエゴの大元の分離不安なんです。

    で、この不安に対する態度は人によって異なり、「強く振舞うことで大きく見せる人」もいます。「脅し」で相手をコントロールしようとする人もいます。

    こんな風に、人により出方は様々です。が、苦しいのは本人も含め巻き込まれる人達です。ここで、そのエゴを振りまく状況を、どう捉え、どうしたら良いかは、その中にいると中々分からない場合が多いと思います。ですので、離れて、自分一人になれる(頭を空っぽに出来る)時間をなるべく作るのが良いかな、と思います^^
    2011-05-18 Wed 21:37 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    あ!
    すごい納得です!
    ストンと腑に落ちた感じです!!

    見捨てられる恐怖からだったのかぁ…
    「別に私は旦那に見捨てられようが何とも思わないし」と私のエゴは強がっていますが
    何より子供と離れるかもしれない事や今の生活がなくなる事には恐怖があります。
    そんな気持ちが旦那から跳ね返ってきていると解釈すると
    鏡という意味がしっくりとくる感じです。
    とてもわかりやすく教えて頂いて嬉しいです。
    そう考えるとやはり私の内面を変えれば、旦那の行動言動もかわってくるはずですね(^-^)。
    2011-05-18 Wed 21:58 | URL | そら #jxml0p9w[ 内容変更]
    >そらさん

    そうなんです。内面の「世界」を変える感じです。そこは自由で何の縛りもない世界です!

    それには、「今ここ」を「判断せず」に捉えて観ることなんですね。すると!もし今まで、望まない「因」を創っていたとしても、それが変わってくるんです。運命を操作するのは「今」という時間に焦点を合わせた時だけなんです。

    この「今」の安心感を味合うことでスゴク開放されたりします。おためしあれヾ(*´∀`*)ノ
    2011-05-18 Wed 22:13 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    分離感
    うみさんありがとうございます。
    >キーは「今ここ」です。全ての「因」の発生は、「今」なんで>す。
    「今ここ」を意識していれば、変な因を発生させることはないということでしょうか?
    四六時中というのは難しいですね・・・

    分離感が大好きで、分離感を手放したら自分が損するよ!
    と言っているのはエゴでしょうか?
    私マジでそう思ってます(大汗)
    話の次元が違うのかもしれませんが、
    相手も自分だと思って接しても、相手が分離感で接してきたら、うわ、損した!と思うのです
    分離感をなくしたら、あんたが持ってるすべてもなくすよ!
    という強迫観念もありますね~

    たぶん「自他の区別がない」という感覚の解釈がまちがってますね、私。
    2011-05-18 Wed 22:25 | URL | ぽこ #-[ 内容変更]
    >ぽこさん

    >「今ここ」を意識していれば、変な因を発生させることはないということでしょうか?

    はい。で、四六時中ではなく、要は後悔や取り越し苦労に気を取られないと言うことなんです。夢中になったり集中したり楽しむ時間を増やすことも同じです^^

    あと特定の相手を自分だと思わないほうがいいです(;・∀・) 嫌になりますw

    >分離感が大好きで、分離感を手放したら自分が損するよ!

    エゴです^^; 何も失うものはないのです。

    これは、失う恐怖(死の恐怖)で誰でもあるんですね。ある意味、生存本能です。でも、こうやって守る必要って実はありません。心理学では防衛機制と言って、不自然な防御(エゴ)です。

    ちびっ子の頃は分離感がなかったんですよ。私の場合は、3歳くらいの頃の感覚を思い出しました。感情の開放の中途で、「自分、自分と言っているのがおかしい」という感覚を思い出し、それがどんどんデカくなっていきました。

    考えて見れば、他人との壁があるから、いろんな諍いが生まれています。そんなメンドクサイものから離れる感じです。
    2011-05-18 Wed 22:45 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    ありがとうございます
    未来の心配や、過去の後悔に気を取られそうになったら
    「今ここ」に戻るということですね!

    防衛機制について、以前うみさんがリンクを張ってくれていた記事ももう一度読み返します。

    何度もお答えいただいてありがとうございました!
    2011-05-19 Thu 00:09 | URL | ぽこ #-[ 内容変更]
    あ~
    連投すみません。

    今朝なんか思ったんですが、
    何も心配しなくていいんですね。
    すべてはうまく行っている。
    エゴは人生の彩。(これもエゴの言葉かな^^;)
    自他の堺がないなら、うみさんの言葉は自己の言葉。
    自己が気づいてよ!と言っている。
    もし望むなら、エゴを手放しても大丈夫。
    エゴといちゃついたまま、苦しんでいても
    まーそれもOK。

    なーんてことを思いました。たは。

    そして、確かにすべての軋轢のもとは分離感なんですね。
    なーるへそ。
    2011-05-19 Thu 09:04 | URL | ぽこ #-[ 内容変更]
    >ぽこさん

    うぉぉ、なんかすごい!
    >エゴは人生の彩。

    そうだと思います^^ なんかそれを求めて生まれてきたような?

    で、自己の言葉っていうのもそうで、人の心って驚くほど、
    中身は同じです。同じようなことを悩み、心配して、同じようなことを喜ぶ。

    私もここでコメントしてくださる皆さんの言葉が、自己の言葉なんですよね。自分に対するメッセージなんです。このブログも自分に向けて書いていたりします^^; 共鳴なんです。

    う~ん、ぽこさん、ありがとう~!あとコメント下さる皆さんもありがとう~!
    2011-05-19 Thu 09:33 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    不幸依存症!ホント言い得て妙ですね!

    自分が「堅い」ものに何を感じているのか、自分の「自分が解らない」っぷりは根深いので、やはり解らなかったのですが…。
    でも今日、ぼーっと車を運転しながら(あっ!いやっ運転には集中してますっ!汗)そのことを含めて色々想いを巡らせていたら、「罪悪感」という言葉がパッと浮かびました。
    ( 」゜Д゜)」!!
    過去に自分を責める癖や、罪悪感を感じている事を知っていたつもりでしたが…すっかり忘れていました。

    あと、上のコメントの方に「怒りは二次感情」とありましたが、最近過去のムカついた事や人のことを考えても「もぅ怒る(怒りのエネルギーを発散する)の面倒クセェ( 'A`)…でもムカツク…」と悶々としていました。
    もしかしたら、どんな理由であれ相手を怒らせてしまった罪悪感が根元にあったのかも…と思います。
    一方で、自分は自分から人に怒れないので、人から怒りの感情をぶつけられると、逆ギレ的に怒りを溜めてしまいがちですが。。。
    「自分は他人にそんなことしないのに、ズルイズルイ!」みたいな?
    ので、罪悪感だけではなさそうです。
    なんだろ~。

    それはさておき、うみさんいつもレスありがとうございます。
    他のコメントを読むのも参考になるので、皆さんもありがとうございます。
    ( ´ー`)
    2011-05-19 Thu 21:48 | URL | まぁく #-[ 内容変更]
    >まぁくさん

    罪悪感は辛いですよね。根っ子にある恐怖心、怒り、罪悪感は、ほぼセットです。罪悪感は自分が悪いと思うことで自分を守る心理です。

    >「自分は他人にそんなことしないのに、ズルイズルイ!」

    これも罪悪感なんです(;・∀・)
    エゴ攻略のポイントなんですが、「エゴも自他の区別を付けられない」という事を前提として捉えてみてください。

    嫉妬、怒り、など相手を非難するのは、心理的には自分を責めるのと同じことなので、「辛い」んです。だから、それを抑えてしまう。これは、心のメカニズムなので、誰でもそうなんです。「不快」だからです。

    感情の開放も必要ですが、普段もエゴ回避の心理テクで安心や楽しむ精神状態に持って行くと良いと思います。

    基本は「今ここ」から外れがちな心の軌道修正です。後悔、取り越し苦労は百害あって一利なしですよ^^;

    呼吸法や、夢中になる(集中する)なども良いですし、かなり強力なのが慈悲の瞑想です。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%88%E6%82%B2%E3%81%AE%E7%9E%91%E6%83%B3

    これの一節で「私の嫌いな人も幸せになりますように」、という部分で嫌いな人の顔を思い浮かべてみてください。私はどうしようもない怒りがスッと消えました。これにはビックリしましたよ(;・∀・) ヴィパッサナー瞑想の前に心を整えるためにある言葉で、伝統的な方法です。是非おためしあれ^^
    2011-05-20 Fri 07:37 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。