フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 4
    感情の開放過程は「現在の心の状態のフェルトセンス」から「インナーチャイルドのフェルトセンス」を癒す過程を踏み、最後にネガティブな感情の層に辿り着きました。

    これはあくまで私の場合です。人によって異なると思います。

    今書いてるのが「インナーチャイルドのフェルトセンス」を癒す過程です。
    ところでココでいう「インナーチャイルド」とは「傷ついた過去の感情」を意図して書いています。
    もう一つ別の意味での「インナーチャイルド」が存在します。

    これは「傷ついた過去の感情」ではなく「自己にある子供心」です。
    私は詳しくないのですが、ホ・オポノポノのウニヒピリという概念のようです。
    「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛してます」と言う4つの言葉を言うと何故か大喜びします。
    この言葉にとても強い言霊の力があるということでしょう。

    とても可愛い存在です。そして重要な存在です。

    このインナーチャイルドは最後の「溜め込んだ感情」の層から出て来ました。
    こちらに詳細を書きました。

    ともかく「攻撃的なフェルトセンス」と「邪気」と「攻撃的フェルトセンスのボス」が頭の中で五月蝿いマインドトークをしています。
    思考や意識状態を操作してます。
    何とか意識から退いてもらわなければいけません。

    悪影響しかないので感情を開放したり消滅させたりすることが必要になります。

    次は「攻撃的フェルトセンスのボス」について書いていきます。

    >フォーカシングでの感情の開放過程5へ
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    <<フォーカシングでの感情の開放過程 5 | フォーカシングで知った心の世界 | フォーカシングでの感情の開放過程 3>>
    この記事のコメント
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。