フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 6
    さて一番最後の「抑圧した感情・固定観念」の開放の段階に移ります。

    「攻撃的フェルトセンスのボス」がいなくなった直後から、邪気が頭の中で「大声」で話し始めました。
    内容は、否定的な事と嫌な事しか言いません。
    そして頭がボッ~として体の調子も悪くなりました。

    私は「攻撃的フェルトセンスのボス」が最後だと思っていたので邪気もすぐに抜けるだろう、と思っていました。
    大きな誤解でした…この後が最も苦しい段階でした。

    私の期待に反して、一向に邪気が抜ける様子がなく「頭の中の五月蝿い声」と「体調の悪さ」で本当に毎日泣いていました。
    どうしたら邪気が抜けるのかさっぱり分からなかったんです。

    この状態になって何日か経った頃体が勝手に動き始めました。
    手や足をフリフリしたり体を捻ったり…
    守護霊さんがやってくれています。
    何故かコレを続けていたら「口からガーッと邪気が吐き出せる」ようになりました。

    そして邪気が吐き出されたら「出た!」という小さな合図が聞こえます。
    こうして邪気を吐き出せるようになった時から「邪気の五月蝿い声」が少しずつ小さくなっていきました。

    えっと、本音を言うとこういう一連の現象が未だに信じられません。
    自分で書いてても信じられませんw


    ただ「このようにして邪気を出さなくては感情を開放できない」と言うことではありません。
    辿る過程は人それぞれです。
    溜め込んだ感情を開放する事が主題で邪気はその感情にくっついているだけです。

    >フォーカシングでの感情の開放過程7へ
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    <<フォーカシングでの感情の開放過程 7 | フォーカシングで知った心の世界 | インナーチャイルド 2>>
    この記事のコメント
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。