フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    エゴの視点
    最近、強く思うのは、「エゴの視点」で理解した世界の認識と「自己の部分」で感じる認識が全然違うと言うことです。
    エゴは全ての物事に「自分色」を着けて見ています。
    そこの「色」を取っ払うと「何にも起こっていない」事が実感できます。


    例えば善悪の判断。
    これスゴク自分の深い部分にある「誤解」なので、気づきにくいと思いますが、この「裁く思考」で着色しています。
    良いことも悪いことも「エゴが決めているだけ」です。

    例えば友人に「給料が入ったら返すからお金を貸して」と頼んで快く貸してくれたとします。
    そして給料日になりました。
    エゴはこの出来事にこんな着色をします。

    「給料足りないんだよな。返すと余計減ってしまう」
    「でも借りたものは返すのが当たり前。好意で貸してくれたんだから。」
    「感謝しなくちゃ」
    「返さないと悪い噂を流されるかもしれない」
    「いや、お金が足りないから返したくないのが本音なんだよ」


    こんな風にゴテゴテに着色してしまいます。
    どれも本心の声じゃないんです。
    ただ「エゴ」がこう言うので、心は「どうすればいいか教えてよ… ただ返すだけなのに…」と不快や混乱を起こします。

    こうやって自分を縛りつけてきます。
    この「善悪の判断」は幼い頃に覚えます。
    「○○してはいけない。○○するのは良いこと」という刷り込みです。

    私はエゴの思考の大元になっている「思い込み」が随分子どもっぽいと感じました。
    何のことはない本当に「子供の思い込み」でした。

    小学校で習うような「道徳」が美徳で正しいと思い込んでいます。
    私の場合、「いけない事をすると神様のバチが当たる」と本気で思い込んでいました。

    エックハルト・トールのニューアースという本の中で「エゴは狂っている」というくだりがあるのですが本当にそう感じました。
    これに振り回されるから「不幸、不完全感」を感じてしまいます。
    エゴは「満足」を知りません。

    「色をつけない」為の方法の具体的な方法の一つが、ここで紹介しているフォーカシングです。
    あくまで方法の一つで、要は思い込みになっている観念を取り去ることです。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
    <<引き寄せの法則について思うこと | フォーカシングで知った心の世界 | フェルトセンスとのやり取り>>
    この記事のコメント
    こんばんは。エゴの見分け方、自分のなかにあるエゴとのかかわり・・・・いつも難しいなぁって感じています。「エゴの視点」で認識していること、自分のなかに、たくさんありそうです。ニューアースは学ぶところの多い一冊ですよね。フォーカシングも学びたいと思っています。また、寄らせていただきます。
    2011-01-23 Sun 22:55 | URL | そばゆう #-[ 内容変更]
    こんばんわ
    こんばんわ
    遊びに来て下さりありがとうございます!
    ニューアースを読むとエゴの解釈が深まりますよね
    ただペインボディがよくわかりません^^;
    また、そばゆうさんのサイトに遊びに寄らせてください ノシ
    2011-01-23 Sun 23:35 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。