フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    引き寄せの法則について思うこと
    私は随分この手の法則にハマっていました。
    もうそれは筋金入りです。小学校の時に父親の書庫から「信念の魔術」やら「マーフィーの法則」やらを見つけて夢中で読みました。

    「幸せになりたい、欲しい物は全て手に入れる」という思いが強かったんです。で、イメージしたら叶うじゃありませんか?!魔法をしったような気持ちになりました。望んだものは全て手に入るのだ、と。

    確かに手に入るんです。イメージして確信がもてた事は必ず叶うんです。不思議な事に「頭でシュミレーションした事とは全く違う方向から」叶うようなお膳立てがありました。

    それを達成するために必要な人物、出会い、状況などなど。
    恋愛系の願望では「今日、相手から告白される」と確信してその通りになった事もあります(*´Д`)

    どんな心の状態の時に叶ってきたかというと
    「必ず叶える、という強い意志があったとき」
    「エゴを説き伏せる材料があるから不安や執着が無かったとき」
    「願望に対しての執着がないとき」

    よく「願望は手放すこと」と、言いますが「手放さなければならない」と言うことではありません。
    確かに「もう必要ないので忘れてしまっていた」ら叶う事がありました。

    でも「必ず叶えるという強い信念でイメージしたら」叶った事が多いです。
    「~ねばならない」は「エゴの罠」です。
    「執着しない事」が手放す事です。「無理にでも忘れてしまう」ことではありません。エゴに介入させない事です。

    意図した時点で「自分の望み」は叶っています。
    どういう仕組かはわかりませんが「心で想像したものが現実になる」のは体験から事実です。

    閑話休題。私が願いが叶った時のあるエピソード。
    「お風呂上がりに”私は体重○○キロ”」と何も考えずに理想体重をつぶやいていました。
    するとダイエットもせずにその体重になっていました。
    その後はずっと維持しています。

    守護霊さんによると、「引き寄せの法則」は、この世界の「当たり前の法則」だそうです。

    全て実現するなら「マイナスな事を考えると実現してしまうのでは?」と心配する方もいると思いますが、絶対にありません。なぜなら「エゴの妄想は現実にはならない」からです。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 引き寄せの法則 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
    <<神経症と感情 | フォーカシングで知った心の世界 | エゴの視点>>
    この記事のコメント
    質問です。
    >全て実現するなら「マイナスな事を考えると実現してしまうのでは?」と心配する方もいると思いますが、絶対にありません。なぜなら「エゴの妄想は現実にはならない」からです。

    私はマイナスなことも実現されているように感じていたんですけどそれは勘違いなんですかね?
    現実を作っているのはエゴじゃないなら誰なんでしょう。
    もしわかっていたら教えて欲しいです。
    よろしくお願いします。
    2011-03-06 Sun 09:45 | URL | U #-[ 内容変更]
    Re: 質問です。
    Uさん
    はじめまして!

    マイナスな事象の詳細が分からないので、何ともいえないのですが、普段から「不安に思っていること」が現実になるということでしょうか?私の経験では「エゴが作り出す不安や妄想は100%現実にならなかった」ということを実感しています。憶測ですが、「いつも自分はこういう嫌な目にあう。」とか「嫌なヤツばかりが寄ってくる」ということならば、思考によって「そういう状態を選択している状態」ではないかと思います。

    それは無意識に選択してしまっています。

    >現実を作っているのはエゴじゃないなら誰なんでしょう。

    Uさんご自身の思考形態です。

    エゴには現実を創ることは出来ません。恐怖や不安を煽るだけです。ただそれに翻弄されてしまうと自分に制限を設けてしまったり、嫌な状況の中に自ら飛び込んでしまうような事があります。

    また災い転じて福となすということも多々あると私は考えます。
    「良いこと、悪いこと」と判断しない癖をつけていくと、在るがままの状態が見えてきます。
    2011-03-06 Sun 10:41 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    私の場合大きな嫌なことなんかは実現したりしないのですが、小さな嫌なことは実現している感じなんです。
    それは現実を作っている思考形態がエゴからの影響を受けているんでしょうか?
    エゴには実現する力はなくても、影響は与えられるってことなんだろうか。

    現実というものは何なのか、どういう仕組みで成り立っているのかとっても知りたいんですが、全くわからないんです。
    エゴについても正直、どこからがエゴでどこからが違うのかはっきりわかりません。
    もう全部理解して終わらせたいんですが、どうなれば終わるのかがわからない。

    アドバイスでもいただけるとありがたいです。
    2011-03-06 Sun 11:13 | URL | U #-[ 内容変更]
    ちょっと視点を変えてみましょう。楽しいと感じることにはエゴの制限がありません。
    小さな嫌なことが実現している裏には、やはり「エゴからくる思考形態」があると思います。
    そしてエゴは自縄自縛をしています。

    >それは現実を作っている思考形態がエゴからの影響を受けているんでしょうか?
    エゴには実現する力はなくても、影響は与えられるってことなんだろうか。

    影響を与えています。ただ何度も言うようにエゴに実現する力はありません。ご自身の思考形態を近視眼的にしてしまい望まない選択をしている状態だと思われます。

    例えば嫌な事ばかり起こる、という事があるならば「そういう選択を無意識にしてしまっている」んです。
    私の過去のブログに「思考が現実をつくる」という記事を書いていますので良かったら読んでみてください。

    http://earlgreytea81.blog103.fc2.com/blog-entry-55.html

    また何度も嫌な状況が起こる、嫌な人物が目の前に現れるという場合は、交流分析の人生脚本という概念が参考になるかと思います。

    http://www.556health.com/archives/2009/03/post_331.html

    >現実というものは何なのか、どういう仕組みで成り立っているのかとっても知りたいんですが、全くわからないんです。

    これはエゴの外に出ないと私は分かりませんでした^^; ただ瞑想やフォーカシングで自分の内面と対話することで「気づき」があると思います。
    また突発的に不幸な出来事が起こったとしても、知覚できない領域で「そういうドラマを設定してきた」のではないかと思います。
    ほとんどの人が知覚できない領域が、厳然と存在していることは確かです。

    話がそれましたが(;´∀`) エゴ(という形のない概念=抑圧した感情)を解放することで私はその存在を漠然と気づきつつあります。それまでは「エゴの中にいる自分が本当の自分」だと思っていたんです^^;
    私が感情の開放をお薦めしている理由はこれなんです。

    ですので、焦らずご自身の内面を精査してみると意外な自分が発見できるかもしれません。
    フォーカシングはその一つの方法です。
    2011-03-06 Sun 12:11 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。