フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    感情を感じきる事とフォーカシング
    感情を感じきることで、その感情は開放(消滅)します。
    私はその方法の一つとしてフォーカシングをお勧めしています。

    様々な抑圧した感情が心の中に沈殿しています。抑えこまれた感情(観念)は矛盾したものも多くあります。私の感覚では、所謂「感情を感じきる方法」と「フォーカシングでのフェルトセンスとの対話」は若干違うように感じます。フェルトセンスの場合は、まさに「対話」です。そこから様々な本音や心が伝えたがってる事が出てきます。

    フォーカシングはイメージの世界なので一言で説明できない側面があります。ご勘弁を^^;
    ただ、もちろんフォーカシングも感情を解放する手段ですので同様の効果があります。フォーカシングで感情が開放されると頭の中がパ~っと白い光に満たされます。

    私の場合はフェルトセンスとの対話を経て、抑圧した感情を解放する段階に至りました。

    この感情の開放(エゴの開放)を瞑想で行う方もいます。カウンセリングという方法もあります。要は大元のエゴを観念達を手放して生き辛い人生からサヨナラするのが目的です。

    今の私はフォーカシングではなく「感情を感じきる事」をやっています。(フェルトセンスが出てこなくなったので)

    そしてこの状態になって気づいた事があります。それは今開放してる感情・観念は、常に心の中にあって、それを感じていたんです。特にネガティブな状態に陥ると強く出ていました。ネガティブな思考形態と言い換えても良いと思います。つまり、今の心の中を観察すること、立ち上ってくる感情を感じることも、エゴ開放の取っ掛かりの一つだと思います。

    その取っ掛かりとして、自分を不快にした出来事などを思い出して、その感情を感じてみてください。怒りや悲しみなどです。ちなみに主治医は感情の開放は、怒り→悲しみという順番で出てくると言っていました。

    なぜ怒りが最初なのかというと、怒りが出る原因に「悲しみ」などの感情があるからです。ですので怒りの裏には他の感情が潜んでいるということです。でもこれに囚われないで下さい。私の経験ではこの順番で出てくるとは限らなかったので^^

    例として私が「許せない相手」を思い出して、その怒りを感じた時のことを書きます。その人への怒りが出てくるとベッドを拳で叩きつけたり、そいつをイメージして罵倒したりしましたw それが感情を解放することです。当時抑えつけた、または未消化な感情を再び感じることです。昔のことだけではなく、今の不快や不満に思っていることも、敢えて意識から引っ張り出して感じて見てください。無意識に抑えつけている不快な感情を、意識の表面に引っ張り出して、その感情に浸るんです。「怒り、不満、悲しみ、恐怖」など。

    さて私の許さない相手に対する感情は消えました。今どう感じているかというと「そういう人なんだよね」です。
    怒りはなく客観的に見れるようになりました。

    感情が開放された目印は気持ちがラクになることです。もうその感情に足を引っ張られることはありません。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | フォーカシング | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
    <<ツイッターはじめました | フォーカシングで知った心の世界 | エゴの禁止を解いていく>>
    この記事のコメント
    色々とコメントも含め参考にさせて頂いています!
    感情の解放はまさに今の私に必要なことだと思います。
    うみさんやsarasaさんがおっしゃっている言葉の中でも母親の刷り込みが気になり遡ってみました。
    ある時母が『子供は一人でいいと思っていたのにできちゃったから産んだ』といったのです。
    私は第二子…。
    いらなかったんだぁ…
    というのが衝撃でした。
    それ以来、母に気に入られるかどうかが子供時代の私の全てだったような気がします。
    そして大人になってからもsarasaさんと同じように、嫁に行くべき年齢(母の概念で)に、幸せになれる相手(母の概念で)と結婚しました。
    母が喜ぶ相手を見つけられた時は誇らしかったし嬉しかった。これがそもそも間違いですよね。
    しかもいつも自分を表現することが上手な姉はバツイチ…。どれだけ母が苦しんだかを知っている私は
    もはや離婚など言い出せない状態です。
    夫はそんな私を知ってか知らずか
    私が肉体関係を拒むと、離婚だとか、仕事をやめたいだとか言いはじめ、結局、執拗に求められます。
    嫌いと言いたい。ヘタクソと言いたい。でも言えない私がいます。
    2011-02-10 Thu 21:20 | URL | そら #jxml0p9w[ 内容変更]
    そらさんへ
    こんばんわ!

    そこまで洞察できているということは、半分解決しているようなものだと思います!
    私は「お母さんに対する様々な出来事や感情」を辿って解放することをオススメします。

    これ、sarasaさんのコメでも紹介したサイトなんですが、家族カウンセラーの中尾さんのブログです。
    http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/
    親との関係で悩まれてる人の駆け込み寺というべき、素晴らしい内容てんこ盛りです。
    もちろん、過去の親との因果関係が現在(結婚生活などにも触れています)にどういう影響を与えるか、それに対してどうすれば良いかのヒントが大変役にたちます。

    私からそらさんへのメッセージは「お母さんの為に生きないこと」です。そらさんの人生なんですからヽ(・∀・ )ノ

    >嫌いと言いたい。ヘタクソと言いたい。でも言えない私がいます。

    正直に本心を伝えることにストップをかけているモノはなんでしょうか?
    そして正直に伝えることで、「失うもの」はなんでしょうか?

    おそらく本心を伝えても「ご自分で予測した通り」になる可能性は少ないと私は思います。
    思考(エゴ)の予測には穴だらけで、99.9%当たりませんw エゴはウソつき野郎です( ゚д゚)、ペッ

    なにか分からないことがあれば、私の分かる範囲でお答えしたいと思います。でわノシ
    2011-02-10 Thu 22:02 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    そらさんへ

    今日はしごと~、雪の中を出勤中です。電車は遅れてなくて、無事に着きそう^^

    ええっと、こっそり、ちょっと心配していました。何か力になれることがあったら、仰ってくださいね。
    2011-02-11 Fri 08:22 | URL | sarasa #X6AIgIjQ[ 内容変更]
    うみさん、教えて頂いたサイトを見てビックリしてしまいました。
    まさに母親に対する気持ちの内容があまりにも今の私にとってタイムリーでした。
    内容の濃いブログで関連して読んでみたい記事が沢山あるので
    お休みの日に過去記事にもじっくり目を通してみたいです。
    今、正直に気持ちを伝える事にストップをかけているもの、失うものは
    多分、子供を含めた家庭…だと思います。
    両親揃ってないと子供が可哀相って思うのもきっとエゴからくる勝手な思いなんですよね。
    頭でわかったつもりでまだ心が抵抗しています--;。

    sarasaさん、今日の雪には驚きましたね!!
    心配していただいてコメントもかいて貰えて
    勇気付けられています!
    実は週末が一番恐怖なんです。
    拒むとすぐ『子供はどっちがひきとる(いわゆる離婚の相談)』だとか『仕事をやめたい』だとかの話が始まります(泣怒)。
    そういう時が一番死にたくなります。
    思考が現実を作るし考えないようにしていようって思っても、判で押したように、来ます…。
    乗り越えたいなぁ…。
    明日も雪みたいなので風邪などひかないように気をつけてくださいね!
    2011-02-11 Fri 22:18 | URL | そら #jxml0p9w[ 内容変更]
    そらさんへ
    こんにちわ

    辛い思いをされていると思いますが、味方はたくさんいます。
    いつでも思いを吐き出して下さい。そして最善の方法は「必ず」用意されています。
    そらさんのご友人でもいらっしゃると思いますし、こうしてネットで知り合った私やsarasaさんも味方です。

    > うみさん、教えて頂いたサイトを見てビックリしてしまいました。

    こちらの中尾さんは今はお忙しいようですが、サイトのコメント欄には目を通していらっしゃるようです。
    ご相談なさってみてはどうでしょうか?非公開で捨てアドを書いておいてもいいかも^^
    記憶違いで無ければ自分以外の相談者か相談所を紹介していたと思います。
    また、中尾さんなりのアドバイスも受けられると思いますよ^^

    >頭でわかったつもりでまだ心が抵抗しています--;。

    その抵抗している「感情」を感じ切ってみてください。箇条書きにしてみるのもいいです。
    例えば「子どもが可哀想」という気持ちがあったら、そこからどんな感情を感じるか。
    この時に絶対に「考えない」でください。思考が邪魔するとそちらに気を取られてしまいますので^^;
    心が整理されれば自ずと、ベストな行動が取れます。

    また不思議なのは「なぜか援助者が現れたり」するという事もあります。
    人間では計り知れない世界の法則です。

    > 思考が現実を作るし考えないようにしていようって思っても、判で押したように、来ます…。

    あまり囚われれないようになさってくださいね。まずは「自分の気持ちに正直になる」ことです。
    「思考が現実を作る」は思い癖からくるもので、その癖から「つい、嫌な選択をしてしまう」ということ。

    > 乗り越えたいなぁ…。

    必ず乗り超えられます!キレイ事ではなく本当です。
    私もケースは違いますが「死を考えていた」程の出来事がありました。でもそれがキッカケで良い方向に向かいました。

    でわでわ ノシ
    2011-02-12 Sat 08:08 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。