フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    エゴで覆われた本質の自己
    記事内でも何度か書かせて頂いていますが、今、感情(エゴの観念)の開放の最終段階の最終段階にあります。これはどういう状態かというと、「エゴの自分」と「本来の自己」が分かれしまった状態です。

    エゴの観念は「洗脳」です。だから本来の自己から大きく大きくかけ離れています。エゴの観念が削げ落ちていくと「えっ、この気持ちもエゴ(抑圧した感情)から来てたんだ!」と驚くことが多々あります。

    今は従来の思考をする自分と、自由な考えをする自分(自己)に分かれているという感じです。ですので、エゴが勝手にやることを、隣で迷惑顔で見ている自己がいる状態です( ;∀;)

    なのでエゴの異常さが際立って見えます。自己の目からみたエゴがどう映っているかというと「狂っている」です。

    エゴの観念と本来の自己はまったく違います。物事の捉え方が180度違っています。そしてその自己の部分の物事の捉え方は、所謂「悟り」とか「目覚めた人」と呼ばれている捉え方・考え方をします。そして、感覚的な物が主で思考が従という感じでしょうか?

    私が言いたいのは、すべての人が本来は「悟っている」状態がデフォルトだと言うことです。

    なのに、なぜこんなに生き辛いエゴが心を占めてしまったのか?成長するうちに親の態度から始まり、世間のルールを体験するうちに「それが真実だ」という観念が出来上がってしまったのではないか、と思います。

    解放されたエゴの観念達は、解放する際に私はその感情を再体験するんですが、泣いているか呻き声を上げていました。ほぼ間違いなく「心の傷」になっています。

    鬱陶しいエゴですが、そのエゴの観念は開放を望んでいます。もちろん自己の部分でも開放を望んでいるので利害が一致してるんですが、心と向き合いエゴの観念(抑圧した感情)を開放しないと、ヘタをすれば一生エゴに振り回されて生きることになります。

    中々、抑圧した感情が出ない要因の一つに邪気の存在があります。コイツらはエゴの観念と波長が同じなので、勝手に取り憑いてきます。そして出たがっている感情にビッシリとくっついています。フォーカシングで邪気が体内に溜まりだした(炙り出されたとう言う方が適切かな)時の邪気の感触は「硬い物」でした。

    物理的に硬いんです。これがエゴの観念を抑えこんでいるので解放する時は、コイツらとの格闘になりました。感情から引き離されると、邪気は消滅するので必死に妨害してきましたヽ(´Д`;)ノアゥア..

    さて、エゴの大元になっている観念はなんでしょうか?私はおそらく「他人との分離感」を植えつけられたから、ではないかと考えています。

    他人との分離感から、どういう感情が生まれるかというと「見捨てられる恐怖」です。この恐怖が根底にあるため「他人との比較、競争」が生まれます。認められたいからです。常に優位に立ちたいエゴは、自分の幻想のプライドを貶めたり、自分のエゴが刺激される事には、何らかの嫌な「反応」をしています。また分離感は孤独感を生みます。

    エゴが肥大化すると神経症になったり「人格障害」と呼ばれる状態になります。私は神経症だったのですが「回避性人格障害」かと自分を疑ったことがありました。この障害は「他人の評価を恐れるあまり、他人との関わりを極力回避する」というものです。

    この他人との分離感が「感覚をおかしくしている」と感じます。

    他人(全ての物)と自分が分離している為、まず自分の物、私のステータスなどに固執します。エゴが取れてくると何ひとつ「自分の物」ではないことに気づきます。ただそこに在るだけです。それをエゴが「自分の物」と決めつけているだけです。

    そうすると「自分の物をやるには、それなりの対価を払ってもらおう」という物々交換の発想が出てきます。コレが社会の仕組みの根底になっていることにゾッとしました。

    本来の自己は、「なぜ与えないのか」という単純な疑問を持ちます。「自分の物」と認定するから様々な歪みが生じてきます。その歪みを修正しようと「ルール(法律)」で縛るという発想をして、人間社会が構成されています。これが自己から見ると「異常」に感じます。

    エゴは自分にも他人にも求めます。どういう事かというと、他人に認められたいという思い(見捨てられる恐怖から防衛するため)があるため、他人の所業に口出ししてみたり、自分に対してこうして欲しいという欲求から依存をしたりします。(共依存などがそうですね)

    そして自分のテリトリー(分離しているので当然あります)を守ろうとします。このテリトリーが侵されそうだと感じると防衛機制が発動します。どういう時にテリトリーが侵さる(た)と感じるかというと、エゴが触れられたくない罪悪感、劣等感を刺激された時です。

    また社会のルールに適合するために自分の本心を抑えつけます。そして「良いこと・悪いこと」を教え込まれて、この尺度で物事を判断するようになります。

    なので「人に与える」という自己の本質をエゴの部分で解釈すると「与えるのは良いことだ」という二元論になります。またこれが「○○したらいけない」「○○するのは人として当たり前」という、当たり前ではない発想になります。

    自己は「良いこと・悪いこと」という捉え方をしていません。上の例で行くと「与える事が楽しいからやる」という感じです。

    ほとんどの方が「人間関係で疲れる」という問題を抱えていると思います。それはエゴのぶつけ合いの関係が「自己」を疲れさせてしまうからだと思います。「自己」は望んでいないからです。

    エゴは虚構、幻想の世界を本物だと思っています。エゴの外側に出て「自己に戻る」ことで素晴らしい自由を得ることが出来ます。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
    <<感情を認めることの効果 | フォーカシングで知った心の世界 | 願いが叶うということ>>
    この記事のコメント
    うみさんに質問があります。うみさんってゲーマーなんですか?

    今どんなゲームにはまってますか?

    ps3はやりますか?

    FF13-2は発売されたら、買いますか?

    何かお勧めのゲーム等ありましたら、教えて頂きたいのですが

    どうか僕の願いが聞きとどけられますように
    2011-02-19 Sat 10:03 | URL | 名無し #-[ 内容変更]
    はじめまして!

    最近はゲームはあまりやってません。ですのでおすすめゲームというのはないかなあ
    ただ同人ゲーム?というのかな、kiichiさんと言う方が作成したペルソナの二次創作ゲームと青鬼はおもしろかった

    コンシューマーではメガテンシリーズとFF7が最高峰です^^

    あとニコ動で話題のエルシャダイはやってみたいなあ(まだ未発売)
    2011-02-19 Sat 10:32 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    ありがとうございました。

    調べてみます。
    2011-02-19 Sat 11:08 | URL | 名無し #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。