フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    感情と偽りの自己
    感情の開放をして身を持って実感したことは、エゴという偽りの自己を本当の自分だと思っていたことです。言葉通り「偽り」なんです。根底にあるのは恐怖です。

    たくさんの出来事の記憶と、それに結びついたネガティブな感情が心の底に沈殿しています。そして、その沈殿した感情が目の前の出来事に対して、その傷ついた記憶と結びつけて反応しています。

    私の場合、小・中学校の時にイジメに合いました。この出来事から対人関係に物凄く敏感になり、最終的には神経症を発症してしまいました。

    どういう感情が溜まっていたかというと、根っ子にあったのが「嫌われる恐怖」です。その時の恐怖から様々な防衛手段を取りました。それが観念になっていたようです。

    嫌われる恐怖から出来上がった観念は「他人の動向に対して常に”嫌われる(た)んではないか”」という前提をします。その思いが浮かぶと、まだ起こってもいない事実として勝手に「嫌われた」と認定して、様々な妄想を始めます。これが「取り越し苦労」。

    そして嫌われない為の信念を形成していました。曰く「可愛ければチヤホヤされる」「個性的で誰からも認められる自分でいること」=自分を変える必要がある、という思い込みです。

    こういう「妄想から想定した外部の状況に迎合するため」に、自分自身を置き去りにして「他人の態度」や「世間の常識」という価値観通りの自分を演じさせようとします。

    「演じようとする」ではなく「演じさせようとする」です。何故、こういう書き方をするかと言うと、この過去の傷ついた感情に逆らえない為に、本心が引っ込んでエゴに同意してしまったような状態です。

    これは沈殿していた感情のひとつの例で、こういったたくさんの感情から「偽りの自己」が形成されていました。

    上記はあくまで私の印象ですが、感情を開放した今、こういう風に感じています。

    幼ければ幼いほど、影響力が強いように感じました。
    逆に成人してからの心の傷は、やはり過去の感情から結びついて連鎖的に当時の感情を大きくしていただけで、幼少期ほど強力な「固定観念」にはなっていないようです。

    ですので要になるのは幼い頃の心の傷です。

    これが私の感じたエゴのカラクリです。
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
    <<全然関係ありませんが… | フォーカシングで知った心の世界 | 心の中にある抑圧した感情>>
    この記事のコメント
    うみさん、いつもありがとうございます。
    うみさんの書いている内容にはたくさんの気づきのヒントがあるような気がして自分の心が楽になります。
    それからsarasaさんにせっかく頂いていたコメントにも今日まで気づかずにいたので、教えて頂きありがとうございました。
    sarasaさんがおっしゃるように『夫に嫌悪感を抱く自分がいや』だからやめよう、と考えるとすごくスッキリするような気がします。目から鱗です!
    あと私はフォーカシングや瞑想をしようと座ると眠ってしまう事が多々あるので、今度は歩きながらに挑戦してみます。

    うみさん、私も幼少の頃に傷ついた思い出がいっぱいあるような気がします。
    髪の毛が短かった幼稚園時代に『あんたオトコ?』と言われたのがショックで今でもいくら美容師さんにすすめられようと短いヘアスタイルが苦手なのかな、とか、
    小学生時代に仲良くしていた友達を卒業間際に他のコに持って行かれちゃって、傷ついたせいで、あまり友達と深く付き合うのが苦手なのかな?とか。
    異性に対してはガッツリ親からの刷り込みを感じます。だから今の苦しい状況に至っている気がします。
    外見にコンプレックスがあって、いつもどこかお直ししたいと思うのは、
    好きになった人にふられてばかりだったからかな?どこかで私が好きになった人は私を好きにはならないと思い込んでいたり。
    エゴって憎らしい…。
    2011-02-22 Tue 22:04 | URL | そら #jxml0p9w[ 内容変更]
    そらさん

    こんにちわ!

    >髪の毛が短かった幼稚園時代に『あんたオトコ?』と言われたのがショックで今でもいくら美容師さんにすすめられようと短いヘアスタイルが苦手なのかな、とか、

    これ私も似たような刷り込みがありました。強力に。私は逆に髪が長くて苛められたので、母親に無理矢理髪を切られたことが物凄い大きなトラウマになってました(;´Д`)
    このせいで「絶対ショートにはしない」と決めていて「なんでこんなに髪に拘るんだろう?」とずっと不思議でした。

    そらさんがその原因に対して、ここで書かれている事はおそらく全部当たりだと思います^^
    引っかかりがあるから、出てくるんだと思います。ですので、その辺りの出来事を意識的に思い出してみる事が感情(エゴ)の開放の取っ掛かりになります。
    そらさんは洞察力のある方のように感じました!実はご自分の心をよく把握していらっしゃるんではないかなと睨んでいます^^
    ご主人様のことは、こういう事に気づく「キッカケ」なのではないでしょうか?
    悪く感じることって、裏を返せばすごくラッキーなんです。
    私も長い間神経症に苦しみましたが、今思えば、それが無かったら心を自由にしようというキッカケがなかったですもん。

    大丈夫ですヽ(・∀・ )ノ

    いつでもお気軽に書き込んでくださいな♪

    でわ(´∀`*)ノシ
    2011-02-23 Wed 08:14 | URL | うみ #-[ 内容変更]
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。