フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    フォーカシングでの感情の開放過程 2
    フォーカシングを始めて二ヶ月位たった頃、丹田の辺りから冷気が出て来ました。
    それが日増しに増えていきます。
    しばらく経つと冷気がなくなり内臓全体を覆い尽くすような「塊」になりました。

    最初は何だか分からずにフォーカシングをしてみました。
    ただ漠然とした怒りの感情と共に頭がボッーとして気分が悪くなります。
    明らかにフェルトセンスとは違いました。

    気功の世界でいう「邪気」というものじゃないか、と思い調べてみて間違いないと確信しました。
    守護霊さんに確認しても「邪気」と言うことです。

    この邪気の塊を壊してみました。
    フォーカシングはイメージの世界なので壊せます。ただかなり大変でした。
    そしてこの邪気が大量に出始めてからフェルトセンスが変化しました。
    過去のトラウマばかり出てくるようになったんです。

    生まれた瞬間から高校生くらいまでの傷ついた出来事がフェルトセンスとして出て来ました。
    「これがインナーチャイルドか?」と思いました。
    それにしても大量にいます。傷ついた思い出につき一個、みたいな。

    フェルトセンスに触れていると当時の出来事の映像や感情が流れこんできます。
    その感情を頭で感じ切る事を意識します。
    心の傷を再体験して感情を解放すると頭の中にパ~っと明るい光が広がります。
    それが感情が解放された証拠。


    >フォーカシングでの感情の開放過程3へ
    スポンサーサイト

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | 感情の開放過程 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    <<守護してくれていた存在に気づいた日 | フォーカシングで知った心の世界 | 邪気について 2>>
    この記事のコメント
    top↑
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    top↑
    | フォーカシングで知った心の世界 |
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。