フォーカシングという心理療法で抑圧した感情の開放の方法を綴っています
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    失う恐怖
    エゴの観念の中で、一番と言っていいほど大きいモノは、失う恐怖です。

    私の中で、「幸せになっちゃいけない」という観念がありました。どうしてこんなことを思うのかというと、「幸せを失う恐怖」を感じたくないからです。そして行動を駆り立ててきます。

    それだけ、快いものを手放すのは怖いんです。コレが執着と欲になります。また、いろいろな依存にも繋がります。例えば、お酒を飲みだしたら止まらない、お菓子を食べだしたら止まらないなども、エゴが一生懸命「快」をキープしようとするからです。

    この、依存の「快」は本心の心の動きを無視しているので、心地良くありません。だから「止めようと思っても止められない」状態になります。また「止めなくてはいけない」という矛盾した観念も存在します。

    エゴを見分けるポイントは、持続した感情です。ずっと怒りが止まらない、○○をしたい、欲しいという気持ちがずっと持続するなどです。

    本心の感情は一瞬一瞬で消えてしまいます。ですので、感情は持続しません。

    とにかく、エゴは「快い状態」に物凄い執着をしています。だから、過去を憂い、未来を恐れます。でも観念が無くなれば、快い状態にすぐなれるんです。つまり、いつもあるのに気づかない、目眩ましの状態になっているワケです。

    実は、足元にいつも望んでいたモノ(状態)があったと言うことです。エゴに埋もれて見えにくいですが、本心の方に焦点を当てて選択してみてください。本心の声を聞くには、思考ではなく体の感覚を聞くのが最適です。その上でフォーカシングはとても優れている技法だと思います。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
    固定観念
    エゴは抑圧した感情から構成されていると書きました。これが様々な「固定観念」を作り上げ、それに基づいた「思考、思い癖」が出てきます。

    このエゴの観念から出てくる「思考」は、まあ、快いものではありません^^; 自縄自縛しています。これは抑圧した感情を伴った思考なので、抗えません(感情には抗えないんです)。 ですので、この観念に突き動かさてしまいます。

    すると、心の中が非常に狭い世界に感じてしまいます。何故かというと「制限」だらけだからです。世間の常識も制限です。本当はやってはいけないコトなど、何一つありません。全部、人が作り出したルールです。

    「他人の不幸は蜜の味」というのは、多かれ少なかれ殆どの人がそう感じてしまうようです。これは私の中にもありまして「どS観念」と名づけましたが、他人を責めたり他人が苦しんでいるのが「好き」なんです。

    で、逆の「どM観念」というのもありました。これは「楽しんじゃいけない」「わざわざ苦難の道を選ぶ」などなど。私の中には「女は男の人に従うべき」という古い日本女性のような観念あり、それに猛烈に反発している観念がありました。

    こんな風に矛盾しあった観念が、一方を抑えつけています。それが抑圧になります。ですが心の中はこうした矛盾した観念が乱立した状態です。

    それをエゴから出てくる「思考」でもって、無理矢理辻褄を合わせようとします。例えば、私の場合、上記の観念がありましたが、「どM観念」は抑えつけられていました。それがまた、どMにとっては心地良いのかもしれませんが^^;

    いや、心地良いワケではありません。何より、それに振り回される私が心地良くありません(´Д⊂ヽ

    どの観念も自らを主張しあっています。抑圧した感情は物質としてのエネルギーです。本来消滅すべきエネルギーなのに、消滅できず心の中に閉じ込められています。この感情達は出て行きたくて頭に立ち上ってきます。それが思考=思い癖を作り出します。

    ちょっとややこしいのですが、その矛盾した観念に辻褄を合わせようとする思考もエゴの観念なので開放されたがっています。この観念は、抑圧した感情のラスボス(と勝手に名付けた)の「自他の分離感」でした。私が感情を開放していて気づいたんですが、これは最も自己に近い場所にいて「今まで自分だと思っていた」観念でした。

    エゴが勝手に「私」を作り上げ、その「私」の観念で「自己」は覆い隠されていたような感覚です。自己はエゴが作り上げた「私」とは全く違います。

    悟りという概念がありますが、その自己の部分が「悟っている」と状態です。もちろん、誰にでもエゴの覆いをとれば、この「悟っている」自己があります。

    「悟り」とか「目覚めた人」が特別なのではなく、皆がエゴの観念に覆い隠されているだけだと私は感じています。

    心の中の基準をエゴのルールではなく「快か不快」かで判断していく癖をつけていくのも、エゴの観念の開放になっていきます。エゴの観念は例外なく「不快」を感じます。

    本来の自己は「何にも束縛されない自由」があります。それから、私がここ最近感じているのが、「その自己がとてつもなく大きい」という事です。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
    人の本質
    自分の中に溜まっていた様々な抑圧した感情を開放して、気づいたことがあります。それは生まれてから今までの様々な記憶から来る感情・観念が「その人」を形作っていた事。それが「偽りの自己=エゴ」だと私は感じました。

    本当に色んな感情がありました。怒り、憎しみ、罪悪感、嫉妬、孤独感、死にたいという気持ち、人に認められたい、人からよく思われたい、幸せになりたい、人に受け入れられたい等々。およそ、感じていたくない感情達です。感じたくないから封じ込めていたんです。無意識に。

    そして、恐らく大元と思われる観念が「自分という個」の観念でした。そして物凄い恐怖です。恐らく根源的な恐怖です。

    私は、感情の解放前は「人間嫌い」でした。一人が好きでした。何より、自分が嫌いでした。子どもの頃からの様々な出来事から、この「人間嫌いな私」が作られていきました。

    でも、抑圧した感情が殆ど解放された今は、「好き」です。自分も人も。おそらく何もかもが好きです。

    嫌いな人がたくさんいました。憎んでる人間がたくさんいました。

    でも溜まっていた感情が消滅して来るうちに感じました。その「憎い人たち」の本質の部分は、私の本質の部分と同じだということに。

    「邪」がありません。「無邪気な子ども心」しかありません。それが分かったときに、許して受け入られる気持ちが出て来ました。

    今、地震で大変混乱している時期です。私が思うことは、すべての人がまず自分を愛して欲しいということです。

    私も東京に住んでいるので、地震の恐怖があります。

    一日も早く日常が戻ることを心から祈っております。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
    今を楽しむ
    人はいつも「取り越し苦労や後悔」をしています。感情を解放する前の私の思考形態もそれが当たり前になっていました。

    でも、そのエゴの予測は現実になりません。過去の事を責めるエゴも未来を予測して脅すエゴも「過去の記憶とそれに伴う感情」から導きだされた妄想です。

    エゴの大元は恐怖です。だからエゴは「不安、疑念、敵意」しかありません。なにひとつポジティブな事は思わないんだな、とビックリしましたw

    エゴと防衛機制の記事で書きましたが、エゴは他人という恐怖から「偽りの自分」を守る為に防衛しています。

    これに支配されていると、世の中は恐ろしい所だと感じて落ち着けません。(人によるかも知れませんが、私はそうでした)。そして取り越し苦労と後悔(自責の念)に苛まれてしまいます。

    結果的に本心では望まない行動に駆り立てられてしまいます。エゴとは抑圧した過去の傷ついた感情達です。それが思考形態に影響を及ぼしています。

    でも「今この瞬間」には何も起こっていません。それでも今現在不幸を感じている、実際悪いことが起こっている、と感じている方もいらっしゃると思います。

    それも、心が「コレはやばいことだ」と反応しているだけなんです。とは言ってもその渦中にあると冷静にはなれませんよね^^;

    私もそういう事が何度もありました。そういう時に「心の内側の世界」に目を向けると良いと思います。例え何かを失っても、それが永遠に続くことはないんです。そして「心の内側の世界」は必ず解決法が分かっています。

    エゴは自身を信頼していません。ですが、人の本心は自身を信頼しています。自分を信頼することで、自ずと解決策が見えてきます。

    また、エゴの支配から離れると「今、この瞬間を楽しむ」ことが当然になっていきます。これは私自身が体感しました。なぜ取り越し苦労や後悔するのか「おかしい」と感じてきます。

    胸に焦点を当てると「広い心の世界」が広がっていました。そこに本心(本質の自己)がありました。守護霊(ハイアーセルフ)を感じるのも胸の部分です。

    守護霊という言葉に胡散臭さをを感じる方もいらっしゃるとと思います。(現に私がそうでした)

    ただ、この守護してくれる存在も「自分自身」なんですよね。私はエゴという仮想現実の中にいるから分からなかったんですが、この「広い心の世界」が本質の世界だと感じています。

    そこに触れることで、本当に望む人生を送ることが出来ると確信しています。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
    今に在る
    私が感情の開放していくに連れての心の変化を綴ってみます。

    フェルトセンス達が出てこなくなった後に抑圧した感情が出てきたんですが、これを開放していくと自縄自縛の観念がどんどん消滅してきました。

    まず最初に感じたのは、成長するに連れて様々なネガティブな思い込みから自分を縛っていた観念が消失していきました。この間、ネガティブの感情がダイレクトに表彰意識に出てくるので地獄をみるんですが^^:

    でも徐々にそのエゴの観念(抑圧した感情)が急ピッチで消滅してきました。ただ未だに残っているものをあります。その中で一番大きい物は「自分だと思い込んでいる観念」です。

    「えっ、自意識があるのは当たり前じゃないか」と思われるかも知れませんが、これも所謂「刷り込み」なんです。赤ちゃんの頃に「私は○○という者です」と意識はありません。在るのは「意識」だけです。

    もちろん「自分が誰だか分からなくなる」という事ではありません。「自分というアイデンティティー、自分のモノ、自分の地位」、そういったものが無くなっていきます。

    このように「自我=エゴ=思い込み」なので確実に消滅してきています。そして、「他人は自分である」という事に気づきました。これはかなり早い段階で出て来て、段々、その感覚が強くなってきました。

    次に出てきたのが「何故今を楽しもうとしないんだろう?今を楽しむ事が当たり前じゃないか」ということ。

    これは、例えば「お金があれば幸せになれる」とか「人から認められれば満足だ」という外部に迎合していたことがおかしいということです。上手く表現することが出来ないんですが、視座が180度変わってしまうという感覚です。

    一瞬一瞬を楽しむということが自然の心の動きです。エゴはこの自然の心の動きを抑えつけていました。ですから心のゴミを拾っていけば本質が顔をだすんです(・∀・)

    外の状況が幸せをもたらしてくれるんではなく、今ここで幸せを感じることが自然と理解出来るようになってきます。これは理屈では図れません。体感することなんです。

    本心の部分は常に瞬間瞬間を「幸せ。楽しむこと」がデフォルトです^^ それが「今ここ」にあるということなんです。
    本心は胸の部分で感じます。私が守護霊さんとコンタクトを取るときは胸の真ん中(ハートチャクラ)で守護霊さんの感情を感じています。

    まず、自分を大切に扱ってあげることなんです。自分の中から出てきた感情を「そう思ってもいいんだよ」と認めてあげてください。(怒り、恨みなど自分が嫌な人間に感じる感情でも、そう思う事は素直な自分の気持ちなんです)

    感情を開放することで、自分は幻想ということ、そして今という瞬間しかない事が「深いレベル」で分かります。常に今しかありません!

    永遠の現在です(加島祥造氏の言葉)



    オススメ本の紹介です。

    運命を拓く (講談社文庫)運命を拓く (講談社文庫)
    (1998/06/12)
    中村 天風

    商品詳細を見る


    天風氏の生き方は、様々な事を教えてくれました。私のメンターです!



    宇宙の根っこにつながる瞑想法宇宙の根っこにつながる瞑想法
    (2005/03)
    天外 伺朗

    商品詳細を見る

    SonyのAIBOを開発した方です。初心者でも出来る瞑想法をやさしく解説しています。ただ簡単に瞑想に親しむことはもちろんですが、天外氏の深いメッセージが随所に散りばめています。



    『求めない』 加島祥造『求めない』 加島祥造
    (2007/06/29)
    加島 祥造

    商品詳細を見る


    老子の翻訳を手がけていた方です。詩を綴っているのですが心に響くものあります。

    ↓ 応援よろしくおねがいします!

    FC2Blog Ranking にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 人気ブログランキングへ

    別窓 | エゴ | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
    BACK | フォーカシングで知った心の世界 | NEXT
    <
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。